FC2ブログ

BL小説を探すなら

↓素敵BL小説サイト様の更新がわかります!私も参加中です<(_ _)>
にほんブログ村 トラコミュ BL妄想劇場へ
BL妄想劇場
↑ちょっと、萌えるなら、ここお勧めです!
にほんブログ村 トラコミュ オリジナルBL小説・・・ストーリー系へ
オリジナルBL小説・・・ストーリー系
にほんブログ村 トラコミュ BL小説(創作)へ
BL小説(創作)
にほんブログ村 トラコミュ 小説15禁・18禁(性描写あり)へ
小説15禁・18禁(性描写あり)

◆ 絵ブログ検索エンジン
◆ BL小説ブログランキング
◆ ブログ検索
◆ B-LOVERs★LINK
◆ ボーイズラブ

ブロとも申請フォーム

◆キリ番について◆

※只今キリ番停止中(^-^;

お知らせ

オリジナルBL小説ブログです。
必然的に、ボーイズラブ、男同士の性描写が含まれる場合がありますので、描写の大小に関わらず18歳以上限定とさせて頂いております。
現在は過去有り特殊設定美形受けが王道ちっくな学園の中で自分の過去と向き合っていく…そんな「RO」を連載中。

【纏めて読むなら↓】
LUST<オリジナル>はこちらへ

【現在一番更新が早いのは↓】
携帯版LUST<オリジナル>はこちらへ

朱華絵ブログはこちら⇒ ※たまに同じ記事があったりします。(^-^;

プロフィール

朱華

Author:朱華
ニックネーム:朱華
性別:腐女
誕生日:雨の多い日だった・・・
血液型:二重人格なAB
出身地:ど田舎
腐妄想<版権>:るろうに剣心、幕末機関説いろはにほへと ガンダムOO
腐妄想<好物CP>:鬼畜×鬼畜、へたれ×強気、 ともかく受けは淫乱で。 最近は不良受け、策略受けに興味津々。健気も好きです(笑

朱華版権サイトもやってます。そちらは小説よりも漫画メインです。
LUST版権館

内容のご案内


Red Orchid
?×最強・強気受 [R18]
帰国子女美人最強な樹哉が平凡な学生生活を望み転入。そこで、自身の過去と向き合う事に……。過去とケリをつける事ができるのか?
現在、樹哉闇中摸索中…
微王道|快楽主義者|猫かぶり|過去あり|バトルあり|

三輪×片山シリーズ
鬼畜目後輩×強気先輩 [R18]
学生|敬語攻め|策略|せつない|甘々|
強引な三輪に翻弄され続ける片山。色々あるけどでも幸せな毎日
纏めて読むなら⇒※このブログに置いてないものもあります。

稜正学園
多数×不良強気受け[R20]
輪姦|強姦|ドラッグ|暴力|血|シリアス
私立男子校に入学した光希の苦悩の日々。
かなり痛いエロです。比喩ではなく本気で痛いエッチあり。お嫌いな方は見ないでね。
※性描写はぬるいですが行為に反社会性がありますのでR20とさせてください。

上条シリーズ
色々×強気淫乱受け [R18]
道具|強姦|シリアス
愛人契約で囲われてる上条が幸せになれるまでの記録(笑)
※ただ今本編準備中。現在短編のみです。

腐妄想台詞集
にほんブログ村 トラコミュ BL妄想劇場へ
BL妄想劇場
参加作品集です。台詞のみでいかに萌えもえられるかというチャレンジ。

あとは短編もあります⇒

拍手

↓朱華に一言なら以下の拍手でコメントください<(_ _)>
お礼SS変更しました。
ROシリーズ1本です。
Clap! Res→

一言連絡版

※返信がいらない場合はお知らせ下さい

名前:
メール:
件名:
本文:

感想/要望/朱華に一言で長文の場合はこちらをお使い下さい。

男と男の恋愛を扱ってます。 基本18禁で、甘かったり切なかったり。時に腹黒な恋愛事情をどうぞ
09≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11
■スポンサーサイト
--/--/-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
■ミスコンの罠 12
2008/02/29 Fri


 大野は言っていた。
 俺の悪夢の住民であるあの男は俺を──正確には俺とユウヤを狙っている。
 それは恐らく死を意味するのだろう。
 
 あの時ユウヤはあの男の組織を壊滅させた。
 俺が囚われそして捨てられた、人身売買を資金源に様々な闇の活動していたあの男の組織を。

 その時俺は病院にいて壊滅した事とあの男を取り逃がした事だけしか知らされなかったけれど、よく考えれば解る事だったんだ。自分の資金源を絶たれ、更に暗躍していた場所を追われたあのプライドの高い男が黙っている訳が無いという事を。

 そいつが再び俺の前に現れようとしている。
 だとしたら俺の近くに居る事で巻き込んでしまうかもしれない。

 最悪また失ってしまう事も……。

 それをリアルに感じて悪寒が俺を襲った。
 知らずに握っていた手の中にじわりと汗を掻く。

 そんな事はさせない。
 俺が、

 俺が守る。
 綺麗な人達に俺は似合わないけど、手を伸ばす事は出来ないけれど、その存在は守り抜く。

 こんな風に落ちてしまっては、守れるものも守れないだろう。
 そうする事に邪魔な浮ついた心は、鍵をかけて見ないようにしてしまえばいい。

 そしたらきっと守る事も出来る筈だ。

 そう結論づけ、今まで重くのし掛かっていた藤平への想いを内にしまい込もうとしていた俺の肩に、ぽんと手を載せられ雪村の存在を思い出した。

 しまった。

 そんな気持ちで雪村を振り返ると曖昧な笑顔で「どうしたの?」と問いかけられ、

「あっ……あの、すみません。気を遣わせてしまったみたいで」

 慌てて謝ると、手を離して「いいよ」と例のロイヤルスマイルで返された。

 やはりこの人の笑顔は半端ない。

 そう思わせる笑顔で、けれど雪村は意味深な言葉を繋いだ。

「あながち嘘じゃないしね」
「え?」
「生徒会。君に用事があるみたいだよ。ノブが近々呼ぶって言ってたから……明日辺りかな?」

 ノブというのは、あの冷たい双眸をした眼鏡の会長さんか。
 でも俺には生徒会に呼び出される覚えは全くない。

「何の用が……」
「たぶん白コンの事だと思うよ。君、三位だったからね。今後の打ち合わせとか……警告とか、ね」
「警告。ですか?」
「そう。色々あるからね、白コンでは……姫とか騎士とか」

 姫……は原柴だろう。
 だとしたら騎士とは?

 そんな俺の疑問を感じたのか雪村は似合わない苦笑を漏らした。

「去年3位の原柴にはね、妄信的な騎士が付いてるんだよ。その辺詳しくはノブに聞いてね。それよりも、……俺も君と話したい事があるんだよ。ああ、だから丁度いいか。今から生徒会室へ行こう。……ねえ、ちょっとだけ、付き合ってくれないかなあ?」

 いつものロイヤルスマイルを浮かべた雪村に、平素と違うモノを感じる。
 同じ笑顔なのにそれは高圧的な存在感を滲ませ、その威圧感から知らずゴクリと唾を飲み込む。

 この感覚は、覚えがある。

 フェンリルに居た時俺はまだ小さな子供で、だからこそ油断される存在の俺の役割は諜報・揺動が主だった。そんな俺は表だって出る事はなく、依頼してくる軍の将校や国の上層部などとは殆ど関わり合いが無かったけれど、一度だけ任務の為同席した事がある。

 その時の相手は一国の王子で自分の国の内乱を鎮める為にフェンリルの力を借りに来ていた。
 20歳にも満たない程だったが、そいつの態度や言動、雰囲気はいかにも上に立つ者のそれで圧倒されたのを覚えている。
 こうなるまでにどれ程の精神力を必要としたのか、と考えさせられた。
 
 そして、雪村のこの雰囲気はその王子に似ている。

……この人はいったい何物なんだ。

「……なぜ?」
「雄弥さん」
「え?」

 今、ユウヤって言った?
 ユウヤって俺の知ってるユウヤか?

 驚愕して雪村を見ると俺の疑問が解ったのか、頷いて肯定された。

「な、え?どうして、あんたが──…」
「その事で話たい事があるんだ」

 俺の詰問の言葉を遮り、

「ここじゃ誰に聞かれるか解らないから、ちょっと移動しよう」

 そう言ってさっさと歩き出してしまった。

 この学園は何なんだ。
 関係者が多すぎる。

 仕組まれてここに来たとは言え、これはどういう事だろう。

 ユウヤはいったいどんな人脈を持っているというのか。

 様々な疑問が頭の中を巡りながらも、ここで問い詰めても話しはしないだろう雪村に、今の俺には後を追うしか選択肢はなかった。
 

<<>>

 

テーマ:自作BL小説 - ジャンル:小説・文学

■ミスコンの罠 11
2008/02/28 Thu


……いつも望むものは俺の手から砂のように零れ落ちていく。


 始まりは父と母そして、記憶がなくなり帰ることが出来なくなった。

 俺の全てだったフェンリルとユウヤ、不意に戻った記憶によって離れる事になった。

 代わりだったとは言え、大切だった仲間、恋人達、気付く事ができずに失った。

 理由は様々だったけど全部無くしてしまってる。

 だから、きっと今度も同じなんだ。
 無くして辛い思いをするなら、最初から手を伸ばさなければいい。

 だけど……。

「……藤平」

 諦めきれない思いと共にそっとその名を吐き出す。

 そんな女々しい自分に嫌気がさし、壁に寄りかかったまま頭を掻きむしる。
 忌々しげに舌打ちをついた時、前から人影が二つ近づいて来るのが解った。

 ゆっくりと俯いていた顔を上げると、驚きの表情をした見知った顔を見つけた。

「樹哉くん?どうしたの?」

 俺の方へ手を差し伸べようとしている智章と、

「相沢くん、何かあった?」

 雪村があのロイヤルスマイルを浮かべずに心配そうに顔を歪めてそこに居た。

 心配をさせたくなくて、そしてみっともない姿をこれ以上晒したくなくて、俺はやんわりと智章の手を遮り身体を壁から離した。

「なんでもないです。ただちょっと立ち眩みがしただけ」

 俺が作った笑顔でそう言うと智章は安心したように、でもまだ心配気な様子で、

「大丈夫?僕これから椋介と一緒に帰るんだけど、樹哉くんも一緒に帰らない?」

 智章の優しさに今の俺は縋りそうに心が震えるけど、そんな事が出来る筈もなくまして椋介と今一緒に居る事も出来ない。
 だから用事があるからと断った。

「本当に大丈夫?……用事待ってるからやっぱり一緒に帰ろう?心配だよそんな顔色して……」

 だけど心配した智章はそう言って食い下がる。

 そう言えば智章は割と強情だった。と思い出し苦笑するしかなかった。

 言い出したら中々退かない智章だし、ここは一緒に帰るしかないか。

 と覚悟を決めかけた時、それまで黙っていた雪村が声を出した。

「相沢くんの用事って生徒会でしょ。だったら一緒していいかなぁ。俺もノブに用事があるし」
「え?」

 その言葉に驚いて雪村の顔を伺うと、悪戯っ子のように微笑まれ「ね、相沢くん、一緒に行こう」と念を押された。

 生徒会など何の用もない。
 けれどこれは雪村からの助けだと思う。

 俺の様子から智章達と一緒に帰りたくないという事を悟ったのだろう。
 やはりこの人はカンの鋭い……というか洞察力のある人だったと、改めて悟る。

 最初に出会った時も俺に気配を読ませなかったし、この人はいったい何物なのか。

「そうなの?樹哉くん」
「帰りは俺が送っていくよ。だから大丈夫。ね、相沢くん」
「は、い。……智章。雪村先輩に送って貰うから俺の事は心配しないで、これ以上遅くなると俺の方が心配だから」
「う、うん」

 雪村に調子を合わせた俺の言葉でやっと智章はしぶしぶ頷いて、「じゃ先輩よろしくお願いしますね」となんだか保護者のように念をおし、椋介が待つ教室へと去っていった。

 その後ろ姿を見ながらホッと息を漏らし、けれどこんな俺を心配してくれた智章に感謝した。

 そしてふと気が付く。

 そうだ。
 無くしたものばかりじゃない。

 手の中には戻ってきた両親も豪望さんもばあちゃんも、それに日本に来て初めて出来た友達……とも言うべき、椋介や智章がいる。
 そして、望みは叶わないけれど大事な人、藤平。

 この雪村だって俺の事を気にかけてくれている。
 そう。白鷺に入ってから俺には大切な人たちが出来たんだ。

 その存在をもう二度と失いたくない。

 

<< >>


テーマ:自作BL小説 - ジャンル:小説・文学

■ミスコンの罠 10
2008/02/27 Wed


 椋介が居る教室を背に廊下を進む。
 そこにある窓を見るとすこし陰ってきた空が見えた。

 6時をもうとっくに過ぎたと言うのにまだ明るいと言える空は夏がもうそこまで来ている事を雄弁に語っている。
 学園は白コンが終わると期末が始まり、その後はもう夏休みへの期待で浮き足立つだろう。

 そんな活気が今の学園を支配してはいる。

 けれど其れに反して俺の気分は下降をたどり、今までに経験した事のない苛立ちや不安を抱えていた。
 ここに来て色々な事がありすぎる。


 俺の止まっていた色々な物が急激に動き出しているのを感じた。

 俺の過去。
 俺の周り。
 俺の未来。

 そして、俺の心。


 それらについて行く事が出来ずに戸惑い、心は不安定で弱さを露呈してしまっている。

 頭では理解している事も思うように身体も心も動いてはくれないのだ。
 そんな自分に苛ついてはさらに深みへとはまっていく様はまるであり地獄で藻掻く蟻だ。

 這い上がろうと必至で砂を掻くもそれが仇となって埋まる。
 落ちる先は真っ暗な悪夢──。

 ふとそんな様子が頭に浮かび背筋に悪寒が走った。
 ノロノロと進めていた足が止まる。

 悪夢の先に男が見えた気がして。
 未だ囚われていると実感して。

 怖い。

 怖い。

 嫌だ、助けて


 ユウヤ。






 藤平──。


 ぐらりと身体が揺れる。
 自力で立っている事が出来ずに廊下の壁に寄りかかった。

「くっ……はは」

 不意に恐怖も不安も消し飛んで、乾いた嗤いを込み上げるまま漏らした。

 ただ、滑稽だった。

 未だ考えただけで震えが走るあの男。
 そして助けを求めるだけの弱い俺。


 今望んだ助けの手はユウヤを超え、藤平に伸びた。



 短時間で、実際に触れ合ったのは3回程だというのに、こんなに俺の中に藤平がいるのだと感じて。

 汚れた俺には手を伸ばす勇気が、そして資格すらないのに。
 望む事が出来ないのに、こんなにも……。

<< >>


テーマ:自作BL小説 - ジャンル:小説・文学

■ミスコンの罠 9
2008/02/26 Tue


 椋介の想いは椋介のもので、今、何も言わないのは椋介の意志だ。
 それを無視して今否定するのは俺のエゴでしかないような気がした。

 でも自分の気持ちに気付いてしまった以上、椋介にははっきりと無理なのだと伝えるべきとも思う。
 これ以上椋介を俺に縛り付け、苦しめる事なんてするべきじゃない。

 そう結論づけ、言葉を吐こうと口を開けるが、喉の奥が乾き中々その言葉は出てこなかった。

 どうして言えない?

 言って椋介が離れてしまう……いや、俺を思ってくれなくなるのが嫌なのか?

 こんな椋介を見て、まだ俺を思っていて欲しいのか?
 藤平が俺の事を想っていなかった時の安全パイに?

 俺は、そうまでして自分を守りたいのか?

 そこに考えが至って、俺は心底自分が浅ましく、醜い生き物だと気付いた。

「……っ」

 ユウヤの代わりを求めたように、今度は藤平の代わりを残しておきたいとでも言うのか。

……浅ましい。

 俺という人間はどうしてこうも醜く、汚いのだろう。

 やっぱり俺は汚れていて、そんな俺が人並みに藤平を望んで良い訳がない。

「樹哉?」

 それなのに椋介はこんな俺の笑顔を望んでくれる。
 それが自分の手によるものではなくても、ただ純粋に──…。

 そして

 こんな俺の事を心配してどんな事でも受け入れてくれると言った藤平。

 綺麗すぎるよ。
 椋介も……


 藤平も。

 俺には綺麗すぎて、手を伸ばす事なんて出来ない。


「どうした?」

 固まってしまった俺を心配した椋介が手を伸ばしてくるのが解り、身体を動かしてそれを避ける。
 瞬間眉が寄った椋介に苦笑を漏らして、

「なんでもないよ。椋介、気にしないで。……俺帰るね」

 そのまま鞄を持ち椋介の脇を通り抜ける。
 今度は腕を捕まれなかった。

 その事に安堵していると、背後の椋介が少し強めの声質で言葉を投げかけてきた。

「樹哉!……どうしようもなくなったら、言え。話さなくてもいいから。ただ一緒に居るだけでも軽くなることはあると思う……それが俺の望みだ」

 その言葉に振り返る事もせずただ小さな声で「ありがとう」と呟き教室を後にした。

 俺を気遣い自分の我が儘だからと逃げ道をくれた椋介。
 そんな優しい良介はやっぱり綺麗で、俺にはもったいない。

 ね、椋介。
 俺なんか好きになっても何の得もないよ。
 むしろ損するだけだ。

 だからもうその優しさを俺に向けないで。

 頼ってしまいそうになるから。
 代わりにしてしまいそうになるから。

<<>>

 

テーマ:自作BL小説 - ジャンル:小説・文学

■ミスコンの罠 8
2008/02/25 Mon


「ああ、確かに俺には関係ない事だろう。俺だって知りたくはないさ。……お前と藤平の事なんてな!」

 低い声で吐き出されたその言葉と同時に、ガタンと教室に大きな音が響く。
 喉もとに圧迫感、鎖骨の辺りと背中に衝撃が走り、痛みに顔が引きつった。

「……痛っ」

 手首を捕まれたまま椋介の腕が俺の喉下に入り体重を込めて押しつけられ、その重圧に耐えられなかった俺の身体は背後にあった窓にぶつかって止まった。

 窓の桟が出張ってその角が丁度腰に当たって痛い。
 身体の下に巻き込まれたカーテンが俺の重みに引っ張られて、今にも取れてしまいそうにレールが鳴く。

 知られたくない想いは不用意に漏れ出ていて椋介を傷つけてしまったと知るが、すでにもうどうしようもない。
 椋介の次の行動が解らずおずおずと視線を合わせれば怒ったような、それでいて辛そうな双眸が俺を見据えていた。

「椋介……」

 椋介の腕はそれ以上力を込めるでもなく、しかし離れる様子もない。
 ただ近くで俺を見つめているだけ。

 そんな椋介に俺の身体は固まっていて、抵抗する気にもならなかった。

 椋介の瞳に微かに映った悲しみや苛立ちは俺の其れと同質で、同調すると共にそんな思いをさせてしまった事実に後悔を感じていた。
 けれどそれをどうしてやる事も出来ない。
 椋介の気持ちに俺が答える事は出来ないのだから……。

 そう思えばさっきまで渦巻いていた俺の苛立ちはなりを潜め、ただ悲しみだけがそこにあるだけ。
 椋介の悲しみを感じながら、自己中な俺の心は勝手な推測で落ちた自分の悲しみに、ただ浸る。


 どれだけそうしていたのか、長いようにも短いようにも感じたその時間を動かしたのはやはり椋介で、俺は形の良い唇が開くのをただ黙って見ていた。

「でも俺は……俺は、お前のそんな顔は見たくないから…………すまん。出過ぎた事を言った」

 椋介の言葉はとぎれとぎれで、発せられたその間に沢山の言葉を飲み込んでいるのが解った。
 だけど静かにただそれだけを言葉にして、椋介は腕の力を緩め離れていった。
 悲しそうな微笑みと共に──。

「……椋介」

 ごめん。

 その言葉はあまりに傲慢に思えて口に出す事を憚った。

 

<< >>


テーマ:自作BL小説 - ジャンル:小説・文学

 | HOME | 
Back | Home | Next
(C)2007 腐妄想闇鍋, All Rights Reserved.
(C)2007 Gravity Corp. & Lee Myoungjin (studio DTDS), All Rights Reserved.
(C)2007 GungHo Online Entertainment, Inc. All Rights Reserved.
Template by 誤爆ねーさん雑記帳.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。