FC2ブログ

BL小説を探すなら

↓素敵BL小説サイト様の更新がわかります!私も参加中です<(_ _)>
にほんブログ村 トラコミュ BL妄想劇場へ
BL妄想劇場
↑ちょっと、萌えるなら、ここお勧めです!
にほんブログ村 トラコミュ オリジナルBL小説・・・ストーリー系へ
オリジナルBL小説・・・ストーリー系
にほんブログ村 トラコミュ BL小説(創作)へ
BL小説(創作)
にほんブログ村 トラコミュ 小説15禁・18禁(性描写あり)へ
小説15禁・18禁(性描写あり)

◆ 絵ブログ検索エンジン
◆ BL小説ブログランキング
◆ ブログ検索
◆ B-LOVERs★LINK
◆ ボーイズラブ

ブロとも申請フォーム

◆キリ番について◆

※只今キリ番停止中(^-^;

お知らせ

オリジナルBL小説ブログです。
必然的に、ボーイズラブ、男同士の性描写が含まれる場合がありますので、描写の大小に関わらず18歳以上限定とさせて頂いております。
現在は過去有り特殊設定美形受けが王道ちっくな学園の中で自分の過去と向き合っていく…そんな「RO」を連載中。

【纏めて読むなら↓】
LUST<オリジナル>はこちらへ

【現在一番更新が早いのは↓】
携帯版LUST<オリジナル>はこちらへ

朱華絵ブログはこちら⇒ ※たまに同じ記事があったりします。(^-^;

プロフィール

朱華

Author:朱華
ニックネーム:朱華
性別:腐女
誕生日:雨の多い日だった・・・
血液型:二重人格なAB
出身地:ど田舎
腐妄想<版権>:るろうに剣心、幕末機関説いろはにほへと ガンダムOO
腐妄想<好物CP>:鬼畜×鬼畜、へたれ×強気、 ともかく受けは淫乱で。 最近は不良受け、策略受けに興味津々。健気も好きです(笑

朱華版権サイトもやってます。そちらは小説よりも漫画メインです。
LUST版権館

内容のご案内


Red Orchid
?×最強・強気受 [R18]
帰国子女美人最強な樹哉が平凡な学生生活を望み転入。そこで、自身の過去と向き合う事に……。過去とケリをつける事ができるのか?
現在、樹哉闇中摸索中…
微王道|快楽主義者|猫かぶり|過去あり|バトルあり|

三輪×片山シリーズ
鬼畜目後輩×強気先輩 [R18]
学生|敬語攻め|策略|せつない|甘々|
強引な三輪に翻弄され続ける片山。色々あるけどでも幸せな毎日
纏めて読むなら⇒※このブログに置いてないものもあります。

稜正学園
多数×不良強気受け[R20]
輪姦|強姦|ドラッグ|暴力|血|シリアス
私立男子校に入学した光希の苦悩の日々。
かなり痛いエロです。比喩ではなく本気で痛いエッチあり。お嫌いな方は見ないでね。
※性描写はぬるいですが行為に反社会性がありますのでR20とさせてください。

上条シリーズ
色々×強気淫乱受け [R18]
道具|強姦|シリアス
愛人契約で囲われてる上条が幸せになれるまでの記録(笑)
※ただ今本編準備中。現在短編のみです。

腐妄想台詞集
にほんブログ村 トラコミュ BL妄想劇場へ
BL妄想劇場
参加作品集です。台詞のみでいかに萌えもえられるかというチャレンジ。

あとは短編もあります⇒

拍手

↓朱華に一言なら以下の拍手でコメントください<(_ _)>
お礼SS変更しました。
ROシリーズ1本です。
Clap! Res→

一言連絡版

※返信がいらない場合はお知らせ下さい

名前:
メール:
件名:
本文:

感想/要望/朱華に一言で長文の場合はこちらをお使い下さい。

男と男の恋愛を扱ってます。 基本18禁で、甘かったり切なかったり。時に腹黒な恋愛事情をどうぞ
11≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫01
■スポンサーサイト
--/--/-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
■日常の秘密 16
2007/09/20 Thu

※微妙に性描写あり(笑 お嫌いな方はご注意ください<(_ _)>



「……、理事とそんな関係な、訳、ないでしょう、それに、教師がこんな事して、いいんですか?犯罪ですよ…」
「嘘をつけ、この時期にこの学園に編入なんてできっこないんだよ。お前が理事と関係がなかったら、な。それに、お前、ずいぶんと敏感みたいじゃないか、なあ、相沢、声、震えてるぞ」


 教師相手だという事で、人が大人しく忠告してやってるというのに、図に乗った村上の指が水着をどかし、尻の割れ目に沿ってするするとなぞり始めた。


 我慢の限界つーもんがある。
 いくらバイだつっても、誰でもいいってわけじゃない。顔がよかろうが、嫌なもんは嫌な訳。


 そう思って、反撃に出ようと、身体を動かしかけた時に、村上が耳元で、囁いた言葉に俺はビクリと震えた。


「この傷も何でつけられた?虐待児童のに似てるけど、そーじゃないよなぁ?俺も、同じのつけてやろうか?」


 同じ傷をつける──…?
 これらと同じ?


 その言葉を聞いた瞬間、背にある傷が痛み出した。


 はあはあ、と荒い息を耳元で吐く村上が、俺に過去を連想させる。
 途端に湧き上がる恐怖に全身が支配され、身体が動かない。


 いつの間にか捕まれていた手が離れ、その手が俺の胸の突起へと延びていた。
 そして、そこを潰れるほど強く抓まれる。


「痛っ──…あ」
「綺麗な顔が痛みに歪むのを見るのはいい。ゾクゾクする。もっと見せてくれ、なぁ相沢」


 欲に染まった醜い顔をした村上が、顔はもう分からない、この傷を付けた男に重なっていく。
 痛みと村上の言葉が俺を過去に引きずろうとしていた。


 そして、頭に木霊する、幼い声────


『いたい、いたいよぅ……たすけ、てぇ……』
『──── が、お前は、いつまで経ってもそんな事しか言えないのか。最初はその綺麗な顔が痛みで歪むの面白かったが、それしか言わないお前にはもう飽きた。……しかし、そんなお前でもまだ出来る事がある。ほら、こ──…』
『なに、するの?……い、や……やめ、て……やだ、い───…』
『──── ああ、綺麗だ。さあ、もっと、満足させ──…』


「い、や、止め、ろっ」
 
 過去に引きずられそうになった俺は、ガタガタと身体を震わせる。
 様子の変わった俺に、村上は、怪訝そうな顔を向けた。


 このまま、過去に引きずられれば、狂気の夢が待っている。
 もう一度そこに戻ったら、救いが側に居ない俺はもう、この正気の世界には戻ってくる事が出来るか分からない。


 もう俺の側にユウヤはいないんだから。


 だから、俺は、こうするしかないんだ。快楽へ救いを求めるしか──。


「痛いのは、嫌、ね、気持ちよくして……」


 俺は村上のジャージを緩く掴み、見上げながらそう呟いていた。


 村上は、一瞬驚いた表情をみせたものの、すぐに、それをニヤニヤした好色なものに変えていく。


「……いいぞ、今日は痛みよりも快感を与えてやる」


 そう言って、直に触っていた指をぐぐっと孔に押し入れた。


「……っ」


 指を入れられたと同時に、何か押し込まれていたらしく、入れられた指によって、それがプチッと潰れた。
 潰れた中からドロリと液体が漏れるのを中で感じ、違和感に顔が歪む。


「気持ちよくなる薬だそうだ。良く味わえ」


 過去に引きずられまいと、必死に精神を繋ぐ俺に、村上はそう言って俺から身体を離した。


 俺は支えを失い、その場にずるりとへたり込む。
 
 今、なんて言った?
 薬?


 過去に嫌と言うほど催淫薬という名の麻薬を使われた俺の身体は、微量でもぶり返す。
 一般に出回っている催淫剤は曖昧な成分が多く、ほとんどが効かない。ただ、それを使っているという興奮要素でそうなるモノ。だが、俺にとっては、そんなモノでも過去使用されていた薬物の成分が微量に混入しているだけで酷く効く


 一介の高校教師が本物を持っているとは思えないが、それでもやばい。
 しかも、村上は、その薬を直腸へと入れた。


 すぐに、効いてくるのは間違いない。


 そして、もしもそれが、本物の薬物だったら?
 こんな状態で、それが入れば俺は、確実に、この悪夢に捕まる筈だ。


 今もまだ、頭の中にあの男と幼い声が聞こえ続けているのだから──。


『────、壊れた玩具でも───』
『あ゛ぁ……きゃぁーーっ、い、っ……』


「あっ、嫌だ、嫌、いや、やぁ……あ、っ、あ」
「効いて来たのか?」


 近づいた村上が俺の顎を掴み、顔を覗き込んで確認する。


 俺の身体は、村上の予測どおり、薬が効き出し、どんどんと、入れられた場所から身体が熱くなっていた。
 だが、それに反して頭の中は冷たく、真っ黒な闇が広がり始め、とうとう、目の前に見える男が、村上から、あの男へと変化していった。


 もう、現実と幻覚の区別さえつかない。


『おや?捨てた玩具が綺麗になって戻ってきた』


 闇に、呑まれる──…。


「おもしろそうな事やってんじゃん?……って、樹哉?」


 突然夕闇のプールに木霊した声に反射的に反応した俺の目に、真っ赤に染まった赤い髪の人物が映った。
 その人物は、1.5メートルほどのフェンスを飛び越え此方へと走って来る。


「ゆ、うや……」


 ああ、ユウヤが助けに来てくれた。
 そう安堵して、俺は意識を手放した。


 


続く……


↓お気に召しましたら
にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ

あああ、なんか、樹哉が大変だ!


まさか、村上で、こんな事になるとはっ(笑


いや~、ほんと、想定外でした。←こらっ


 


ま、ともかく、なんか、話しが動いてきたかなぁ~と。
これから、ばしばし動いてくれると良いなぁ~お話。


でも、これ書いててやっぱし、わたし、Sだと。気が付きました(^-^;


 


コメント等あるかたは↓
拍手をする

スポンサーサイト

テーマ:自作BL小説 - ジャンル:小説・文学

| Home |
(C)2007 腐妄想闇鍋, All Rights Reserved.
(C)2007 Gravity Corp. & Lee Myoungjin (studio DTDS), All Rights Reserved.
(C)2007 GungHo Online Entertainment, Inc. All Rights Reserved.
Template by 誤爆ねーさん雑記帳.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。