FC2ブログ

BL小説を探すなら

↓素敵BL小説サイト様の更新がわかります!私も参加中です<(_ _)>
にほんブログ村 トラコミュ BL妄想劇場へ
BL妄想劇場
↑ちょっと、萌えるなら、ここお勧めです!
にほんブログ村 トラコミュ オリジナルBL小説・・・ストーリー系へ
オリジナルBL小説・・・ストーリー系
にほんブログ村 トラコミュ BL小説(創作)へ
BL小説(創作)
にほんブログ村 トラコミュ 小説15禁・18禁(性描写あり)へ
小説15禁・18禁(性描写あり)

◆ 絵ブログ検索エンジン
◆ BL小説ブログランキング
◆ ブログ検索
◆ B-LOVERs★LINK
◆ ボーイズラブ

ブロとも申請フォーム

◆キリ番について◆

※只今キリ番停止中(^-^;

お知らせ

オリジナルBL小説ブログです。
必然的に、ボーイズラブ、男同士の性描写が含まれる場合がありますので、描写の大小に関わらず18歳以上限定とさせて頂いております。
現在は過去有り特殊設定美形受けが王道ちっくな学園の中で自分の過去と向き合っていく…そんな「RO」を連載中。

【纏めて読むなら↓】
LUST<オリジナル>はこちらへ

【現在一番更新が早いのは↓】
携帯版LUST<オリジナル>はこちらへ

朱華絵ブログはこちら⇒ ※たまに同じ記事があったりします。(^-^;

プロフィール

朱華

Author:朱華
ニックネーム:朱華
性別:腐女
誕生日:雨の多い日だった・・・
血液型:二重人格なAB
出身地:ど田舎
腐妄想<版権>:るろうに剣心、幕末機関説いろはにほへと ガンダムOO
腐妄想<好物CP>:鬼畜×鬼畜、へたれ×強気、 ともかく受けは淫乱で。 最近は不良受け、策略受けに興味津々。健気も好きです(笑

朱華版権サイトもやってます。そちらは小説よりも漫画メインです。
LUST版権館

内容のご案内


Red Orchid
?×最強・強気受 [R18]
帰国子女美人最強な樹哉が平凡な学生生活を望み転入。そこで、自身の過去と向き合う事に……。過去とケリをつける事ができるのか?
現在、樹哉闇中摸索中…
微王道|快楽主義者|猫かぶり|過去あり|バトルあり|

三輪×片山シリーズ
鬼畜目後輩×強気先輩 [R18]
学生|敬語攻め|策略|せつない|甘々|
強引な三輪に翻弄され続ける片山。色々あるけどでも幸せな毎日
纏めて読むなら⇒※このブログに置いてないものもあります。

稜正学園
多数×不良強気受け[R20]
輪姦|強姦|ドラッグ|暴力|血|シリアス
私立男子校に入学した光希の苦悩の日々。
かなり痛いエロです。比喩ではなく本気で痛いエッチあり。お嫌いな方は見ないでね。
※性描写はぬるいですが行為に反社会性がありますのでR20とさせてください。

上条シリーズ
色々×強気淫乱受け [R18]
道具|強姦|シリアス
愛人契約で囲われてる上条が幸せになれるまでの記録(笑)
※ただ今本編準備中。現在短編のみです。

腐妄想台詞集
にほんブログ村 トラコミュ BL妄想劇場へ
BL妄想劇場
参加作品集です。台詞のみでいかに萌えもえられるかというチャレンジ。

あとは短編もあります⇒

拍手

↓朱華に一言なら以下の拍手でコメントください<(_ _)>
お礼SS変更しました。
ROシリーズ1本です。
Clap! Res→

一言連絡版

※返信がいらない場合はお知らせ下さい

名前:
メール:
件名:
本文:

感想/要望/朱華に一言で長文の場合はこちらをお使い下さい。

男と男の恋愛を扱ってます。 基本18禁で、甘かったり切なかったり。時に腹黒な恋愛事情をどうぞ
09≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11
■スポンサーサイト
--/--/-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
■彼たちの心情 8 完
2007/07/11 Wed

 椋介のように純粋に向けられる好意に俺は弱い。
 惚れっぽいというのか、流されやすいというのか……


 つい、その好意を受け入れたくなる。


 ま、当然、好みもあるわけなんだが、椋介なんかはぴったりと範疇内なわけだ。


「椋介、あの……」


 赤くなった顔をそれ以上さらして置けなくて、椋介からの視線から避けるように、俯く。


 いや、だから、椋介みたいな純粋な好意に弱いんだって。俺。


 やばいな……やばいよ。
 その思いに応えたくなるじゃないか……


 いや、いや、駄目だろう。


 何度もそれによって苦汁を舐めてきた事を忘れてはいけない。


 今度こそは、と思いつつ恋につっぱしると、必ず背にある、消せない過去が付き纏う。
 それを知った後の顛末は、哀しい結末を何時も告げてきた。


 知り得た事実に、驚き、憐れみ、そして、なぜか最後は蔑みに変わって終了していった過去の恋人達。


 俺の過去がなんだと言うんだ。
 自分で選んだ訳でもないのに、この仕打ち。酷すぎる。


 だから、椋介の好意を今は受ける訳にはいかない。
 せめてもう少し、俺を知ってもらっていたなら、また違うのかもしれないが、知らそうにも、俺は今偽りを演じている訳で……


 ああ、もどかしい。
 本当は、椋介、好みなんだけど……


 とか、考えていると、渡り廊下に敷き詰めてある板をガタンガタンと鳴らし、誰かが走ってくる音がする。


「わーー、ごめん。遅くなっちゃった」


 そんな湯でタコ状態の俺達二人のいる場所に、そんな緊張感のない声が響き、智章が顔を出した。


「図書室で嫌な奴に会って、嫌味言われて……あれ?椋介!なんで出てきてるの?」


 椋介を見止めると、智章は驚いて立ちすくんだ。
 きっと、黙って二人で武道館へ入って、椋介が驚くのを楽しみにしていたからだろう。


 そんな智章に視線を送り、俺と椋介は同時にため息をついた。


「俺がいちゃ悪いのか?」


 赤かった顔が智章の出現で、元に戻った椋介は、智章に向き直ると不機嫌な声色を出す。


「え?別に、悪くないけど……椋介どうしたの?なんでそんなに機嫌悪いの?」
「別に、機嫌など悪くない」


 そう切り捨てる椋介に、俺は微笑を漏らす。
 二人のやり取りもいつもの調子で、「機嫌わるいでしょ」「悪くないって言ってるだろう」などと言い争いを始め、俺はそんな二人を微笑ましく思った。


 当然、俺の顔も平素のそれに戻っているし、智章が居る事で、椋介との話しは一端終了した事に安堵したのは秘密だ。


 だって、今の俺には椋介の思いに、応える事なんて出来ない。
 告白されても困るだけだ。


 椋介があのまま告白してきたかどうかはいたって不明だが……。


「まあ、まあ、せっかくだし、俺たち、椋介の練習見てっていい?」


 ともかく、二人を諫め、本来の目的でもある、その事を俺が口に出すと、椋介はぎょっとして俺を見た。


「なに、練習を見ていくのか?」
「うん。だって、俺部活何するか考える為に色々見にいくから、ついでに、ね、智章」


 俺にそう振られて、智章はいたずらっ子の顔をして俺の言葉を固定する。


「そうだよ~。いいでしょ?それとも見られるの嫌?」


 そう言って首を傾げる智章。


 ああ、子悪魔だよ。智章が。
 可愛くて、何でも言う事聞いちゃいそうになるよ。俺は。
 
 でも椋介にそんな顔は効かず、不機嫌マックス。的な顔で、


「……別に嫌じゃない。勝手に見ていけばいいだろう」


 と智章に吐き捨てた。


 そして、俺の方を向くと、不機嫌さの多少残った顔をしながら、そっと呟く。


「樹哉、自分でもどうしたいかなんてわからん。だから、そんなに深く考え込まないでくれ」


 ま、まだ続いていたんですか!!その話題っ。


 思わず、驚きの表情を作ってしまったが、直ぐに、冷静さを引き寄せて、ふんわり笑ってやった。


「わかった。椋介との関係は今までと変わらず友達。それでいいんだよね?」


 俺がそう言うと、ふんっ。と笑って「今はな」と言って智章の方へ向かっっていった。


 【今は】ってっ!!
 やっぱり、未来は違うっての?椋介さんっ。


 俺は、先に歩いていく二人の背中を見ながら、これから、やっかいになって行くだろう俺の恋愛事情に不安を感じていた。



 だって、そうだろう。


 俺のお気に入りは、智章で。
 俺を気に入っているのは藤平先輩で、純粋な好意を椋介は向けてきて……


 ややこしい。
 しかも皆男って……どうよ。俺。
 バイじゃなくて、ゲイより?


 


Fin




↓お気に召しましたら
にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ

とりあえず、彼たちの心情、終了します。


なんか、ぐたぐた感が否めませんが、あうぅぅ。
文才と発想力が欲しいっすよ。


次は、学園内情編。というか、秘密編というか。


徐々に、学園について、と樹哉の背中の秘密を暴露していこうと思います。
それでは、また~~<(_ _)>

スポンサーサイト

テーマ:自作BL小説 - ジャンル:小説・文学

| Home |
(C)2007 腐妄想闇鍋, All Rights Reserved.
(C)2007 Gravity Corp. & Lee Myoungjin (studio DTDS), All Rights Reserved.
(C)2007 GungHo Online Entertainment, Inc. All Rights Reserved.
Template by 誤爆ねーさん雑記帳.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。