FC2ブログ

BL小説を探すなら

↓素敵BL小説サイト様の更新がわかります!私も参加中です<(_ _)>
にほんブログ村 トラコミュ BL妄想劇場へ
BL妄想劇場
↑ちょっと、萌えるなら、ここお勧めです!
にほんブログ村 トラコミュ オリジナルBL小説・・・ストーリー系へ
オリジナルBL小説・・・ストーリー系
にほんブログ村 トラコミュ BL小説(創作)へ
BL小説(創作)
にほんブログ村 トラコミュ 小説15禁・18禁(性描写あり)へ
小説15禁・18禁(性描写あり)

◆ 絵ブログ検索エンジン
◆ BL小説ブログランキング
◆ ブログ検索
◆ B-LOVERs★LINK
◆ ボーイズラブ

ブロとも申請フォーム

◆キリ番について◆

※只今キリ番停止中(^-^;

お知らせ

オリジナルBL小説ブログです。
必然的に、ボーイズラブ、男同士の性描写が含まれる場合がありますので、描写の大小に関わらず18歳以上限定とさせて頂いております。
現在は過去有り特殊設定美形受けが王道ちっくな学園の中で自分の過去と向き合っていく…そんな「RO」を連載中。

【纏めて読むなら↓】
LUST<オリジナル>はこちらへ

【現在一番更新が早いのは↓】
携帯版LUST<オリジナル>はこちらへ

朱華絵ブログはこちら⇒ ※たまに同じ記事があったりします。(^-^;

プロフィール

朱華

Author:朱華
ニックネーム:朱華
性別:腐女
誕生日:雨の多い日だった・・・
血液型:二重人格なAB
出身地:ど田舎
腐妄想<版権>:るろうに剣心、幕末機関説いろはにほへと ガンダムOO
腐妄想<好物CP>:鬼畜×鬼畜、へたれ×強気、 ともかく受けは淫乱で。 最近は不良受け、策略受けに興味津々。健気も好きです(笑

朱華版権サイトもやってます。そちらは小説よりも漫画メインです。
LUST版権館

内容のご案内


Red Orchid
?×最強・強気受 [R18]
帰国子女美人最強な樹哉が平凡な学生生活を望み転入。そこで、自身の過去と向き合う事に……。過去とケリをつける事ができるのか?
現在、樹哉闇中摸索中…
微王道|快楽主義者|猫かぶり|過去あり|バトルあり|

三輪×片山シリーズ
鬼畜目後輩×強気先輩 [R18]
学生|敬語攻め|策略|せつない|甘々|
強引な三輪に翻弄され続ける片山。色々あるけどでも幸せな毎日
纏めて読むなら⇒※このブログに置いてないものもあります。

稜正学園
多数×不良強気受け[R20]
輪姦|強姦|ドラッグ|暴力|血|シリアス
私立男子校に入学した光希の苦悩の日々。
かなり痛いエロです。比喩ではなく本気で痛いエッチあり。お嫌いな方は見ないでね。
※性描写はぬるいですが行為に反社会性がありますのでR20とさせてください。

上条シリーズ
色々×強気淫乱受け [R18]
道具|強姦|シリアス
愛人契約で囲われてる上条が幸せになれるまでの記録(笑)
※ただ今本編準備中。現在短編のみです。

腐妄想台詞集
にほんブログ村 トラコミュ BL妄想劇場へ
BL妄想劇場
参加作品集です。台詞のみでいかに萌えもえられるかというチャレンジ。

あとは短編もあります⇒

拍手

↓朱華に一言なら以下の拍手でコメントください<(_ _)>
お礼SS変更しました。
ROシリーズ1本です。
Clap! Res→

一言連絡版

※返信がいらない場合はお知らせ下さい

名前:
メール:
件名:
本文:

感想/要望/朱華に一言で長文の場合はこちらをお使い下さい。

男と男の恋愛を扱ってます。 基本18禁で、甘かったり切なかったり。時に腹黒な恋愛事情をどうぞ
09≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11
■スポンサーサイト
--/--/-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
■彼たちの心情 4
2007/06/30 Sat

 藤平の言葉には意図的だろう、軽い蔑みが隠れてた。だが、そんな安い挑発に、乗る事もなく、


「……だとしたら、何ですか?」


 と、逆に、誘うような笑顔を見せてやった。


 すると藤平はにやにやしながら、「面白みが増すだけだ」と呟いた。そして、そのまま顔を傾け、俺の耳元に近づき、低い低音で誘うように囁いて来る。


「で、どうする?」


 何をどうすると言うのだろう?ここまでやっておいて。……というか、人をここまで煽っておいて!と言うべきか?


 さっきまでの、自身の乱れて現れた過去の思念などとっくに心の奥に帰っていて、ヤる気満々な俺が居るだけだというのに。
 ははは。俺って直情的?快楽主義?


「どうするって?」


 言いながら、決まっているだろう?と言う意味を込めて、熱く見つめてやる。


「こんな所でヤルってのか?さすがに俺でもここではなぁ~。別んとこ行く?」


 にたりと色を乗せて笑う藤平ににそう言われて、自分がどこに居るのか思い出した。


 不味いっ、俺!
 状況がぶっ飛んでた模様です。


 確かに、こんな場所で事に及んだら、いくら部活に精を出している剣道部の連中でも気が付くだろう。それに、もうすぐ智章も来る筈だ。
 そもそも、藤平と事に及ぶ気もなかったのに、やはり欲情に流されていた。
 己の、欲に忠実な性格には自分でも呆れる。


 途端にあせり始めた俺は、伸ばした手を引っ込めて、藤平から逃れようと胸を押した。
 が、藤平は簡単に離してくれる筈もなく、俺はため息をつきながら、藤平を見上げる。


「行くにしても、行かないにしても、とにかく離してください」
「はぁ?行かないって選択もあるのか?ココ、こんなになってんのに?」


 藤平の手が移動し、欲望に素直であるが故にちょっとばかり硬くなってしまっている俺自身をするっっと撫でた。


「……ぁ……ん、はぁ…っ」


 不意に襲った刺激に、耐える間もなく声が漏れ、節操のない俺のソコはピクリと振るえ硬度を増した。
 俺って、俺って……俺という奴はーーーっ!


 ……無駄に煽んないでもらいたい。今は、もう。


「エロい声。もっと聞きてーなぁ」


 耳元で囁く低音が、ゾクリと快感を俺の中に植えつける。そんな俺に気付いているのか、藤平の手は容赦なく俺自身をズボンの上から撫で回し始めた。


「……あぁ、ん……止め、て…くだ…あ…っ」
「止めてやんねー」


 ここでは出来ないというのが藤平の結論だと思っていたのに、それはないらしく、藤平は動きを止めないと言う。
 俺は、と言えば、再び、快楽に流されようとしていて、既に頭に霞がかかりつつあり……


 すごくヤバイ。です。


 このまま進めば、間違いなく、剣道部にバレ、当然椋介にも見られて、その上智章にも……


 それだけは避けねばならんだろう!自分。
 せっかく、友達になったのだから、死守しろ。と自分の欲を抑える努力をしてみる。 


 俺は俯いて、ぎゅっと目を閉じ、快感とは無縁のものを思い浮かべてようとする


 …………………………
 ………………
 
 ……む、無理だ。何も思い浮かばないっ!!!


 結局早々に諦めて、藤平が言っていた場所移動の提案に乗る事にした。


「あっ…、せん、ぱい。ここでは…んっ…違う場所に……」


 止まらない快感に、口を開くと嬌声が混じるが、気にしている状態でもなく、藤平にお願いする。
 上目遣いに、赤い顔(たぶん)、切なそうに眉を寄せるオプション付きで、これでもかと煽る俺。……いや、ちょっとまて、煽っちゃ不味い、か?


 ……不味かったようですね…


 藤平は益々その雰囲気に色を乗せ、にたりと顔を歪ませて


「ん?後でな。とりあえず、一回出しとけよ。ここで」


 と言いきり、あろう事か俺のズボンのベルトに手を掛けた。


 さすがの俺でもこのままこの先に進むリスクに戦き、すぐさま手を下に下ろし藤平を止める。


「ちょっと、本気で止めてくださいっ。……ここじゃなきゃ、いいですから、ね?」
「でも、お前、辛くない?大丈夫、すぐ済むって」


 そんな早漏、嫌だ。


 ……そうじゃなくて、


「止めてください、と言っ……」


 俺の手を無視して、素早くベルトの戒めを解いてしまう藤平。そのまま前を開けられ直接モノに触れられてしまった。


「ぁっ……」


 その時、扉の開く音がして人の声が聞こえた。


「すみません、水飲んできます」


 りょ、りょ、椋介っ!


 どこ?
 どこの扉が開いた?


 あせって、藤平の胸から顔を背け、周りを確認するが、見渡す限り扉は見付けらない。


「ちっ、剣道部か?おい、黙ってろよ?」


 藤平はそう言うと、武道館の壁に俺を押し付け、口を塞がれた。


 こんな事をするよりも、俺を解放してくれ。と思う。
 この状況に、自分のはしたない欲も萎えてきて、冷静さを取り戻す。


 なにやってんだろ、俺。


 水音が聞こえ、椋介が武道館の横にある水飲み場にいる事がわかる。


 抱きつかれている藤平の手に力が篭るのを感じて、だんだん腹が立ってきた。


 藤平とこんな事するつもりもなかったのに、この状況。俺の馬鹿。
 それに、抱き込まれて口を塞がれる意味がわからんっ。抵抗などしていないだろう?
 とっとと場所移動しておいてくれれば、良かったのではないだろうか?
 この場所にこだわる必要があったと言うのか?藤平よっ。


 兎に角この状態から抜け出すべく、俺は、すっと右手を上げ首に沿わした。勘違いをしているだろう藤平は、驚きの表情を浮かべて、でも、次の瞬間にはにやにや笑い、両手を俺の腰に回して来た。


 俺は、藤平をにっこり笑って見ながら、親指にグッと力を入れ、喉仏の辺りをずらすように握った。


「…ぐぅ…っ…」


 思わぬ俺の攻撃に藤平の目は驚きの色を載せる。
 気管をずらされる感覚に、苦しいのだろう、くぐもった声を漏らしながら身体を引いた。と、同時に、腰にあった手が離れたのを俺は素早く確認し、喉にあった手を引こうとした。
 隙の出来た藤平の腕の中から逃れるのは簡単だと判断したからだ。


 だか、俺の推察が甘かったのか、動きが遅かったのか、藤平は俺の手を捕らえてしまい、しかも、腰にはまだもう一本手が残ったままだ。
 結局、不意の攻撃が成功したにもかかわらず、俺は先程と同じように拘束されている状況に変化を起せなかった。


 結構やるな、藤平。


 心の中で、藤平を冷静に分析する俺は、性欲求と違ったものが立ち上がるのを感じて知らず顔が緩んでいく。


「くっ……お、まえ、なんつー技かけてくれんの?つーか、楽しそうだぜ?」


 苦しそうに眉を潜めながらも、藤平の目は面白い玩具を見つけた獰猛な獣のようで、色気を感じる。
 俺はそんな藤平の目をしっかりと見つめながら、これからどうやって、手を振り払おうか考えていた。


―――― がさっ


「誰か居るのか?……樹哉?」


 


続く


↓お気に召しましたら
にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ

久々の更新です。


あうぅぅ~~~~~~~~~~。
もう、こんなのでも待っていてくれている方がいるようなので、とっても恐縮です。
ありがとうございます<(_ _)>


拍手やランキングを入れて応援してくださった方々!
感謝感激でございます!!!


ペコm(_ _;m)三(m;_ _)mペコ


 


さて、物語りは、とうとう微エロに!(笑)
これで我慢してやるか。と自分に納得させました。(ーー;)


本当は、ここまで、今の段階で藤平と樹哉を絡ますつもりじゃなかったのに・・・のってしまった・・・。


樹哉エロなんだもん・・あ、違った。エロいんだもん・・・・(笑)


 


王道展開を希望していたこの学園物・・どうやら王道とはずれて行く気がしております。
そもそも、寮じゃないし(^▽^;)


生徒会とかも出てないし。
俺様生徒会長とか、変装とか、腹黒さまとかも出てない(^▽^;)


ま、いっか。とか(笑)


ともかく、楽しんでいただけたら、幸いです(笑)

スポンサーサイト

テーマ:自作BL小説 - ジャンル:小説・文学

■■コメント

| Home |
(C)2007 腐妄想闇鍋, All Rights Reserved.
(C)2007 Gravity Corp. & Lee Myoungjin (studio DTDS), All Rights Reserved.
(C)2007 GungHo Online Entertainment, Inc. All Rights Reserved.
Template by 誤爆ねーさん雑記帳.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。