FC2ブログ

BL小説を探すなら

↓素敵BL小説サイト様の更新がわかります!私も参加中です<(_ _)>
にほんブログ村 トラコミュ BL妄想劇場へ
BL妄想劇場
↑ちょっと、萌えるなら、ここお勧めです!
にほんブログ村 トラコミュ オリジナルBL小説・・・ストーリー系へ
オリジナルBL小説・・・ストーリー系
にほんブログ村 トラコミュ BL小説(創作)へ
BL小説(創作)
にほんブログ村 トラコミュ 小説15禁・18禁(性描写あり)へ
小説15禁・18禁(性描写あり)

◆ 絵ブログ検索エンジン
◆ BL小説ブログランキング
◆ ブログ検索
◆ B-LOVERs★LINK
◆ ボーイズラブ

ブロとも申請フォーム

◆キリ番について◆

※只今キリ番停止中(^-^;

お知らせ

オリジナルBL小説ブログです。
必然的に、ボーイズラブ、男同士の性描写が含まれる場合がありますので、描写の大小に関わらず18歳以上限定とさせて頂いております。
現在は過去有り特殊設定美形受けが王道ちっくな学園の中で自分の過去と向き合っていく…そんな「RO」を連載中。

【纏めて読むなら↓】
LUST<オリジナル>はこちらへ

【現在一番更新が早いのは↓】
携帯版LUST<オリジナル>はこちらへ

朱華絵ブログはこちら⇒ ※たまに同じ記事があったりします。(^-^;

プロフィール

朱華

Author:朱華
ニックネーム:朱華
性別:腐女
誕生日:雨の多い日だった・・・
血液型:二重人格なAB
出身地:ど田舎
腐妄想<版権>:るろうに剣心、幕末機関説いろはにほへと ガンダムOO
腐妄想<好物CP>:鬼畜×鬼畜、へたれ×強気、 ともかく受けは淫乱で。 最近は不良受け、策略受けに興味津々。健気も好きです(笑

朱華版権サイトもやってます。そちらは小説よりも漫画メインです。
LUST版権館

内容のご案内


Red Orchid
?×最強・強気受 [R18]
帰国子女美人最強な樹哉が平凡な学生生活を望み転入。そこで、自身の過去と向き合う事に……。過去とケリをつける事ができるのか?
現在、樹哉闇中摸索中…
微王道|快楽主義者|猫かぶり|過去あり|バトルあり|

三輪×片山シリーズ
鬼畜目後輩×強気先輩 [R18]
学生|敬語攻め|策略|せつない|甘々|
強引な三輪に翻弄され続ける片山。色々あるけどでも幸せな毎日
纏めて読むなら⇒※このブログに置いてないものもあります。

稜正学園
多数×不良強気受け[R20]
輪姦|強姦|ドラッグ|暴力|血|シリアス
私立男子校に入学した光希の苦悩の日々。
かなり痛いエロです。比喩ではなく本気で痛いエッチあり。お嫌いな方は見ないでね。
※性描写はぬるいですが行為に反社会性がありますのでR20とさせてください。

上条シリーズ
色々×強気淫乱受け [R18]
道具|強姦|シリアス
愛人契約で囲われてる上条が幸せになれるまでの記録(笑)
※ただ今本編準備中。現在短編のみです。

腐妄想台詞集
にほんブログ村 トラコミュ BL妄想劇場へ
BL妄想劇場
参加作品集です。台詞のみでいかに萌えもえられるかというチャレンジ。

あとは短編もあります⇒

拍手

↓朱華に一言なら以下の拍手でコメントください<(_ _)>
お礼SS変更しました。
ROシリーズ1本です。
Clap! Res→

一言連絡版

※返信がいらない場合はお知らせ下さい

名前:
メール:
件名:
本文:

感想/要望/朱華に一言で長文の場合はこちらをお使い下さい。

男と男の恋愛を扱ってます。 基本18禁で、甘かったり切なかったり。時に腹黒な恋愛事情をどうぞ
09≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11
■スポンサーサイト
--/--/-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
■正しいネコのかぶり方 8
2007/06/20 Wed

 俺はその携帯を慌てて拾い、電話に出る。


「隆徳さん?ちょっと待ってくれる?」


 隆徳さんは不審そうな声だったが、とりあえず、納得してくれて、待ってくれるようだ。


「うわっ、止めなさい、リョウタ。こらっ……、樹哉」


 豪望さんはリョウタを退かそうとしているらしいが、それが出来ていない。涙目になりながら、俺に助けを請う。俺は、勝手に退学などと言っている豪望さんを助けるつもりがないので、無視をした。それを見て、今度は祖母に声を掛ける。


「……母さん退かせて」


 祖母は大またで、ソファーまで近づくとひょいっとリョウタを抱きかかえ、静かな声で、豪望さんに話しかけた。


「豪望、何をしてるんだ」
「何って、リョウタにじゃれられて……」
「そーじゃないよ、誰に何を言っていたんだって聞いたんだよ」
「隆徳に電話。樹哉を危ない学校に置いておけないから……」


 祖母は呆れた顔をして、


「それじゃ、お前は、樹哉に高校を卒業させない気かい?」


 と言った。


 これは、長くなるかもしれない。と俺は思い、隆徳さんに後で掛け直すからと言って電話を切った。


「……しかし、あそこは危険みたいだ」
「危険?」


 危険と聞いて、祖母は俺に視線を投げかける。


 豪望さん……、それをばーちゃんに言わないでくれ、そして俺にふらないで……


 豪望さんは俺の表面の出来事全てを知っている。親には言えない事も、日本での事もあっちでの事も、全てだ。
 さすがに裏でやっていた、いたずらなどは知らないと思うけど。
 
 当然、俺が男女どっちでもいける事も知っている。


 だけど、祖母はそうじゃない。喧嘩とかはともかく男同士の事なんて、いくら祖母が50代だと言っても理解出来ないだろうし、説明もしたくないから言ってない。


 そんな俺の視線に気付いて、豪望さんはフォローを入れてくれた。


「白鷺は暴力事件が多いらしいんだよ、母さん」


 豪望さんのその答えで納得してくれたのか、祖母は、豪望さんと話しを再開させた。


「だとしても、樹哉には今、白鷺しか受け入れてくれる所がないんだ、それくらい判ってるだろう?それに、樹哉はそう言う事も考えて、私に行きたいと言ってきた。この子の気持ちも汲んでやれ」


 祖母の言うとおり、俺にはもう白鷺しかない。
 日本に来て、通った学校は5校。問題を起して、というか、起きて、転校、転入を繰り返し、最後の1校がとうとう自主退学。そんな俺を受け入れてくれる学校は、近隣には白鷺だけだろう。


 大検って方法ももちろん知っている、けれど、将来は日本ではない大学に行くつもりだから、高卒というのも大検にも特に興味はない。
 だけど、「学校生活」には憧れてる。あっちでも色々な事がありすぎて、まともに学校に通えなかった。だから、どうしても俺は普通の「学校生活」を送りたい。
 これは、今までも常に思っていた事だった。そして、それは、両親を安心させる事でもあり、祖母との約束でもある。


 普通に友達と授業を受けて、学校帰りにどこか寄り道して、たまには友達とどこかへ出かけたり……


 実現できていないけど、今度こそとネコを被っているんだから。


「豪望さん、俺、学校に行きたい。その為だったら、このくらい、どーって事ないし、なるべくおとなしくして、無事卒業するっって、父さんにも母さんにも、そんで、ばーちゃんとも約束したから。なによりも、楽しい学校生活っていうのやってみたいし、あ、そうだ。もう友達も出来たんだよ?だから……」


 必死で話す俺に、豪望さんはふっと笑顔を見せた。


「二人にそう言われたら、しょうがない。隆徳に電話して撤回しとかないとね」


 そう言った豪望さんに、「わかればいい」と祖母は笑顔で返し、リョウタを右手に買い物袋二つを左に持ちキッチンへと入っていった。なんというか、豪快な我祖母だ。


「ああ、だけど、樹哉。もうすぐあそこは水泳の授業が始まるけど、それにはでちゃだめだよ?隆徳に頼んでおくから」
「え?どうして?」
「樹哉の身体、見せたら危なそうだし、ね」


 その言葉だけ聞けば、さっきの強姦云々の続きで心配しているという感じだけれど、きっと、違う。
 それに気がついて、はっきり言わない豪望さんの気遣いを感じた。俺にとっては別になんとも思わない事なのに、豪望さんはいつも気遣う。そこに俺が意識を向けないように、という事だろう。


 だから俺はその言葉への返事をした。


「うん、そうだね。いいよ、プール我慢する」
「そうしてくれると、僕も安心だよ。あっーーと、早く隆徳に電話しないと、樹哉退学になっちゃうよね」


 ウインクしながら豪望さんは俺から携帯を受け取ると、隆徳さんに電話し始めた。
 それを横目で見ながら、俺はもう一度深呼吸する。


 疲れた。


 転入初日にして、学校では姫扱い、その上男に2度も襲われ、二度とも人に助けられた。
 帰ったら、もう少しで退学になりそうになる。
 その上ネコをかぶるのに神経を使い、精神力を消耗していた。


 散々だ。


 けれど、平穏な学校生活という望みを叶えるために頑張るしかない。
 俺は、明日からの平穏を守る為に、精神修行だとでも思ってネコをかぶり続ける決意を新たに固めていた。


 


 


Fin
次回からは、ある日の放課後編です。 


 


↓お気に召しましたら
にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ

転入初日&諸事情解説編は終了です。


今後は「放課後編」「秘密編」「問題勃発編」「危機編」と続きます。
な、長っ・・・(;^_^A アセアセ・・・


その後樹哉の過去がらみの2章に入ります。


今の所、2章完結を予定。
その2章の間に樹哉の彼氏が決定される・・・かも(笑)


あ、樹哉の彼氏投票ですが、1章が終わるまで一応置いておくつもりです。が、あんまり時間的に長くなりそうなら、途中で終了も考えてます。突然終わりにはしないで、1週間くらい余裕を見て終わりの告知を入れますので、それまでどうぞよろしくお願いします<(_ _)>


 


もちろん、このシリーズばかりではなくて、「上条」「三輪×片山」「稜正学園」の他シリーズも進めて行きますので、どうぞ、よろしくお願いします<(_ _)>

スポンサーサイト

テーマ:自作BL小説 - ジャンル:小説・文学

■■コメント

いつも携帯からよだれを垂らしつつ拝見しておりますb(汚
いつも拝見してて思うのが、言葉の一つ一つが萌えなんですが、特に6話目が悶絶&気絶する勢いでして…!
最初から最後まで余すところなく前かがみでしたハァハァ
キャラの立て方も面白いし、ストーリー自体も楽しくて大好きです。
続きを楽しみにしていますー★
【2007/06/20 Wed】 URL | みながわ百地 #- [ 編集 ] ▲PageTop

携帯からご覧頂いてるんですね。(o ̄ー ̄o) ムフフうれしいです。

言葉ですか?
結構勢いで書いてしまってる部分も多いですが、中には、考えているものも・・そう言っていただけるとうれしいーーーっ。

続きがんばりまーす!
【2007/06/21 Thu】 URL | 朱華 #- [ 編集 ] ▲PageTop

| Home |
(C)2007 腐妄想闇鍋, All Rights Reserved.
(C)2007 Gravity Corp. & Lee Myoungjin (studio DTDS), All Rights Reserved.
(C)2007 GungHo Online Entertainment, Inc. All Rights Reserved.
Template by 誤爆ねーさん雑記帳.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。