FC2ブログ

BL小説を探すなら

↓素敵BL小説サイト様の更新がわかります!私も参加中です<(_ _)>
にほんブログ村 トラコミュ BL妄想劇場へ
BL妄想劇場
↑ちょっと、萌えるなら、ここお勧めです!
にほんブログ村 トラコミュ オリジナルBL小説・・・ストーリー系へ
オリジナルBL小説・・・ストーリー系
にほんブログ村 トラコミュ BL小説(創作)へ
BL小説(創作)
にほんブログ村 トラコミュ 小説15禁・18禁(性描写あり)へ
小説15禁・18禁(性描写あり)

◆ 絵ブログ検索エンジン
◆ BL小説ブログランキング
◆ ブログ検索
◆ B-LOVERs★LINK
◆ ボーイズラブ

ブロとも申請フォーム

◆キリ番について◆

※只今キリ番停止中(^-^;

お知らせ

オリジナルBL小説ブログです。
必然的に、ボーイズラブ、男同士の性描写が含まれる場合がありますので、描写の大小に関わらず18歳以上限定とさせて頂いております。
現在は過去有り特殊設定美形受けが王道ちっくな学園の中で自分の過去と向き合っていく…そんな「RO」を連載中。

【纏めて読むなら↓】
LUST<オリジナル>はこちらへ

【現在一番更新が早いのは↓】
携帯版LUST<オリジナル>はこちらへ

朱華絵ブログはこちら⇒ ※たまに同じ記事があったりします。(^-^;

プロフィール

朱華

Author:朱華
ニックネーム:朱華
性別:腐女
誕生日:雨の多い日だった・・・
血液型:二重人格なAB
出身地:ど田舎
腐妄想<版権>:るろうに剣心、幕末機関説いろはにほへと ガンダムOO
腐妄想<好物CP>:鬼畜×鬼畜、へたれ×強気、 ともかく受けは淫乱で。 最近は不良受け、策略受けに興味津々。健気も好きです(笑

朱華版権サイトもやってます。そちらは小説よりも漫画メインです。
LUST版権館

内容のご案内


Red Orchid
?×最強・強気受 [R18]
帰国子女美人最強な樹哉が平凡な学生生活を望み転入。そこで、自身の過去と向き合う事に……。過去とケリをつける事ができるのか?
現在、樹哉闇中摸索中…
微王道|快楽主義者|猫かぶり|過去あり|バトルあり|

三輪×片山シリーズ
鬼畜目後輩×強気先輩 [R18]
学生|敬語攻め|策略|せつない|甘々|
強引な三輪に翻弄され続ける片山。色々あるけどでも幸せな毎日
纏めて読むなら⇒※このブログに置いてないものもあります。

稜正学園
多数×不良強気受け[R20]
輪姦|強姦|ドラッグ|暴力|血|シリアス
私立男子校に入学した光希の苦悩の日々。
かなり痛いエロです。比喩ではなく本気で痛いエッチあり。お嫌いな方は見ないでね。
※性描写はぬるいですが行為に反社会性がありますのでR20とさせてください。

上条シリーズ
色々×強気淫乱受け [R18]
道具|強姦|シリアス
愛人契約で囲われてる上条が幸せになれるまでの記録(笑)
※ただ今本編準備中。現在短編のみです。

腐妄想台詞集
にほんブログ村 トラコミュ BL妄想劇場へ
BL妄想劇場
参加作品集です。台詞のみでいかに萌えもえられるかというチャレンジ。

あとは短編もあります⇒

拍手

↓朱華に一言なら以下の拍手でコメントください<(_ _)>
お礼SS変更しました。
ROシリーズ1本です。
Clap! Res→

一言連絡版

※返信がいらない場合はお知らせ下さい

名前:
メール:
件名:
本文:

感想/要望/朱華に一言で長文の場合はこちらをお使い下さい。

男と男の恋愛を扱ってます。 基本18禁で、甘かったり切なかったり。時に腹黒な恋愛事情をどうぞ
09≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11
■スポンサーサイト
--/--/-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
■稜正学園 始まり 2
2007/04/12 Thu

稜正学園は三階立ての二つの校舎に分かれている。
1年から3年までのすべての教室があるA棟と職員室や図書室、その他専門授業専用の教室などが入っているB棟。
二つの校舎は渡り廊下で繋がっていた。


教室を出た男は、その渡り廊下を渡りB棟へと歩いていく。
てっきり、裏庭とか、自転車置場裏とか、そんな人が来ない場所に行くものだたと思っていた。
ま、そんな場所があるかどうかは定かじゃない。なんと行っても、ここに来てから数日しかたってないのだから、俺が知らない場所だらけだ。きっと、B棟に教師のこない場所でもあるのだろう。


そう思い、素直に、ついて行った。


だが、そいつは、階段を上り三階へと向かう。
そこは、たしか、専門教室がある階だ。
当然教師も来るし、授業があれば生徒も居るだろう。
俺は怪訝に思い、前を行く男に話し掛けた。


「おい!どこ行く気だ?」


「あ?・・ま、ついて来い。いきゃーわかる」


そう言われてしまうと、もう聞くこともなく、俺は黙った。


三階に上がるとすぐに予鈴が鳴る。だが俺もそいつも気にする事もない。
ま、そうだわな、そんな事気にするなら、あんな時間に呼び出さないだろう。というよりも授業を始めてくれていた方が邪魔されずいいって事か。


それに、どうやら三階のどの教室も無人のようだ。人の気配がしない。


そう思ったとき、前の男は一つのドアの前で、歩みを止めた。
そこは屋上へと続く、階段の横で他の教室のような作りでもなく、さらに小さ目の部屋のようだ。


たぶん、さっき窓からみえた二階の渡り廊下の屋根・・というか、三階の渡り廊下というべきか。
ともかく、その廊下の出口とこの階段の間にできた、空間に無理矢理後から作った部屋だろう。


「ここだ、、神林!つれて来た」


 


↓お気に召しましたら
BL小説ブログランキング

スポンサーサイト

テーマ:BL小説 - ジャンル:小説・文学

■■コメント

| Home |
(C)2007 腐妄想闇鍋, All Rights Reserved.
(C)2007 Gravity Corp. & Lee Myoungjin (studio DTDS), All Rights Reserved.
(C)2007 GungHo Online Entertainment, Inc. All Rights Reserved.
Template by 誤爆ねーさん雑記帳.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。