FC2ブログ

BL小説を探すなら

↓素敵BL小説サイト様の更新がわかります!私も参加中です<(_ _)>
にほんブログ村 トラコミュ BL妄想劇場へ
BL妄想劇場
↑ちょっと、萌えるなら、ここお勧めです!
にほんブログ村 トラコミュ オリジナルBL小説・・・ストーリー系へ
オリジナルBL小説・・・ストーリー系
にほんブログ村 トラコミュ BL小説(創作)へ
BL小説(創作)
にほんブログ村 トラコミュ 小説15禁・18禁(性描写あり)へ
小説15禁・18禁(性描写あり)

◆ 絵ブログ検索エンジン
◆ BL小説ブログランキング
◆ ブログ検索
◆ B-LOVERs★LINK
◆ ボーイズラブ

ブロとも申請フォーム

◆キリ番について◆

※只今キリ番停止中(^-^;

お知らせ

オリジナルBL小説ブログです。
必然的に、ボーイズラブ、男同士の性描写が含まれる場合がありますので、描写の大小に関わらず18歳以上限定とさせて頂いております。
現在は過去有り特殊設定美形受けが王道ちっくな学園の中で自分の過去と向き合っていく…そんな「RO」を連載中。

【纏めて読むなら↓】
LUST<オリジナル>はこちらへ

【現在一番更新が早いのは↓】
携帯版LUST<オリジナル>はこちらへ

朱華絵ブログはこちら⇒ ※たまに同じ記事があったりします。(^-^;

プロフィール

朱華

Author:朱華
ニックネーム:朱華
性別:腐女
誕生日:雨の多い日だった・・・
血液型:二重人格なAB
出身地:ど田舎
腐妄想<版権>:るろうに剣心、幕末機関説いろはにほへと ガンダムOO
腐妄想<好物CP>:鬼畜×鬼畜、へたれ×強気、 ともかく受けは淫乱で。 最近は不良受け、策略受けに興味津々。健気も好きです(笑

朱華版権サイトもやってます。そちらは小説よりも漫画メインです。
LUST版権館

内容のご案内


Red Orchid
?×最強・強気受 [R18]
帰国子女美人最強な樹哉が平凡な学生生活を望み転入。そこで、自身の過去と向き合う事に……。過去とケリをつける事ができるのか?
現在、樹哉闇中摸索中…
微王道|快楽主義者|猫かぶり|過去あり|バトルあり|

三輪×片山シリーズ
鬼畜目後輩×強気先輩 [R18]
学生|敬語攻め|策略|せつない|甘々|
強引な三輪に翻弄され続ける片山。色々あるけどでも幸せな毎日
纏めて読むなら⇒※このブログに置いてないものもあります。

稜正学園
多数×不良強気受け[R20]
輪姦|強姦|ドラッグ|暴力|血|シリアス
私立男子校に入学した光希の苦悩の日々。
かなり痛いエロです。比喩ではなく本気で痛いエッチあり。お嫌いな方は見ないでね。
※性描写はぬるいですが行為に反社会性がありますのでR20とさせてください。

上条シリーズ
色々×強気淫乱受け [R18]
道具|強姦|シリアス
愛人契約で囲われてる上条が幸せになれるまでの記録(笑)
※ただ今本編準備中。現在短編のみです。

腐妄想台詞集
にほんブログ村 トラコミュ BL妄想劇場へ
BL妄想劇場
参加作品集です。台詞のみでいかに萌えもえられるかというチャレンジ。

あとは短編もあります⇒

拍手

↓朱華に一言なら以下の拍手でコメントください<(_ _)>
お礼SS変更しました。
ROシリーズ1本です。
Clap! Res→

一言連絡版

※返信がいらない場合はお知らせ下さい

名前:
メール:
件名:
本文:

感想/要望/朱華に一言で長文の場合はこちらをお使い下さい。

男と男の恋愛を扱ってます。 基本18禁で、甘かったり切なかったり。時に腹黒な恋愛事情をどうぞ
09≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11
■スポンサーサイト
--/--/-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
■ミスコンの罠 2
2008/02/19 Tue


 『フェンリル』は人種も性別もバラバラで、尚かつ曲のある人物(と、いうより変人だ)を、フランス外国人部隊で将校を務めていたダーク・ウルフと呼ばれる男が纏めていて、各国・要人からの要請・依頼が後を絶たない程に有名だ。

 しかし、

『 チーム・フェンリルが加わった方が勝つ。 』

 戦場でそう謳われたそのチーム名も一般人が知る事はほとんど無い。

 そんな名前を大野は言葉にした。
 その上、仲間しか知りようがないビショップという名まで。

 だとしたら大野は何者なのか?

 フェンリルの関係者……には、見えない。

 俺の問いに答えずにいる大野を探るように見ると、それに気付いた大野は大きなため息をついた。

「なら、事が動き始めるってことだ。相沢」
「事、とはなんだ?というか、あんたは『フェンリル』とどう繋がっている?一般人じゃないのか?」

 あのチームに関わりがあると知った今、大野に被る猫などない。
 素面で言葉を吐く俺に、大野はまた苦笑を漏らしコーヒーを一口飲むと、それを長机の上に置いた。

「俺は、一般人だ。『フェンリル』なんてもんに関わりなんか無い」
「なら……」

 どういう事だ──。と、続けようとして大野の次の言葉に固まった。

「ユウヤだ。俺が関わり合いのある奴は。……赤い悪魔と呼ばれ数々の勲章を持つ傭兵にな」

 もっとも今は黒いおっさんだがな。と笑う大野に、どういう事だと目で訴える。

 心の中にざわざわと沸き立った苛立ちを押さえるように、俺は両手をぐっと握った。

「そんな睨むな。相沢。……時期が来たんだ、俺の知ってる事を全て話す。そういう約束だったからな。……まあ短い話じゃないだろうから、そこに座れ」

 そう言って、長机に添えるようにして在った椅子を指さす。
 コーヒー飲むか?と聞いてくる大野にいらないと告げ、早く。と促すと、ここに来て何度も目にする大野の苦笑がまた漏れた。

 大野は少し張り出た窓枠に腰をひっかけ、視線を窓の外に向ける。
 そしてゆっくりと言葉を紡いだ。

「ユウヤが日本人なのは知っているな?」
「知っている」

 俺が頷くと大野は一呼吸置いて、言葉を続けた。

「あいつは俺の幼馴染みで、相良雄弥と言う」
「幼馴染み……」

 意外な大野とユウヤの繋がりに驚いている俺に、大野は窓の外から視線を戻した。

 まただ。

 以前にも感じた、大野の慈愛に満ちた視線。
 それは、ユウヤと似た色。

「俺はあいつに頼まれて、ここに居る。相沢、お前を見守る為に……」

 俺を?

「相沢、あいつはお前をずっと守ってる。今も昔も変わらずに、な」

 告げられた言葉は、俺の混乱を誘うに十分なものだった。

 ユウヤが俺を?
 守っていた?

 誰が?
 誰を?

 だったらなぜ、あんたは俺を放置してる?
 側に居ない?

 寂しくて、泣いたあの時も、
 温もりを求めて彷徨ったあの時も、
 何もかもどうでも良くなって沈んだあの時も、

 そして、戸惑っている今も……

 ずっと求めていたのに。

<< >>

 

ちょっと短いかなぁ…?
1Pの分量に悩む今日この頃(^-^;

↓お気に召しましたら
にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ
スポンサーサイト

テーマ:自作BL小説 - ジャンル:小説・文学

■■コメント

| Home |
(C)2007 腐妄想闇鍋, All Rights Reserved.
(C)2007 Gravity Corp. & Lee Myoungjin (studio DTDS), All Rights Reserved.
(C)2007 GungHo Online Entertainment, Inc. All Rights Reserved.
Template by 誤爆ねーさん雑記帳.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。