FC2ブログ

BL小説を探すなら

↓素敵BL小説サイト様の更新がわかります!私も参加中です<(_ _)>
にほんブログ村 トラコミュ BL妄想劇場へ
BL妄想劇場
↑ちょっと、萌えるなら、ここお勧めです!
にほんブログ村 トラコミュ オリジナルBL小説・・・ストーリー系へ
オリジナルBL小説・・・ストーリー系
にほんブログ村 トラコミュ BL小説(創作)へ
BL小説(創作)
にほんブログ村 トラコミュ 小説15禁・18禁(性描写あり)へ
小説15禁・18禁(性描写あり)

◆ 絵ブログ検索エンジン
◆ BL小説ブログランキング
◆ ブログ検索
◆ B-LOVERs★LINK
◆ ボーイズラブ

ブロとも申請フォーム

◆キリ番について◆

※只今キリ番停止中(^-^;

お知らせ

オリジナルBL小説ブログです。
必然的に、ボーイズラブ、男同士の性描写が含まれる場合がありますので、描写の大小に関わらず18歳以上限定とさせて頂いております。
現在は過去有り特殊設定美形受けが王道ちっくな学園の中で自分の過去と向き合っていく…そんな「RO」を連載中。

【纏めて読むなら↓】
LUST<オリジナル>はこちらへ

【現在一番更新が早いのは↓】
携帯版LUST<オリジナル>はこちらへ

朱華絵ブログはこちら⇒ ※たまに同じ記事があったりします。(^-^;

プロフィール

朱華

Author:朱華
ニックネーム:朱華
性別:腐女
誕生日:雨の多い日だった・・・
血液型:二重人格なAB
出身地:ど田舎
腐妄想<版権>:るろうに剣心、幕末機関説いろはにほへと ガンダムOO
腐妄想<好物CP>:鬼畜×鬼畜、へたれ×強気、 ともかく受けは淫乱で。 最近は不良受け、策略受けに興味津々。健気も好きです(笑

朱華版権サイトもやってます。そちらは小説よりも漫画メインです。
LUST版権館

内容のご案内


Red Orchid
?×最強・強気受 [R18]
帰国子女美人最強な樹哉が平凡な学生生活を望み転入。そこで、自身の過去と向き合う事に……。過去とケリをつける事ができるのか?
現在、樹哉闇中摸索中…
微王道|快楽主義者|猫かぶり|過去あり|バトルあり|

三輪×片山シリーズ
鬼畜目後輩×強気先輩 [R18]
学生|敬語攻め|策略|せつない|甘々|
強引な三輪に翻弄され続ける片山。色々あるけどでも幸せな毎日
纏めて読むなら⇒※このブログに置いてないものもあります。

稜正学園
多数×不良強気受け[R20]
輪姦|強姦|ドラッグ|暴力|血|シリアス
私立男子校に入学した光希の苦悩の日々。
かなり痛いエロです。比喩ではなく本気で痛いエッチあり。お嫌いな方は見ないでね。
※性描写はぬるいですが行為に反社会性がありますのでR20とさせてください。

上条シリーズ
色々×強気淫乱受け [R18]
道具|強姦|シリアス
愛人契約で囲われてる上条が幸せになれるまでの記録(笑)
※ただ今本編準備中。現在短編のみです。

腐妄想台詞集
にほんブログ村 トラコミュ BL妄想劇場へ
BL妄想劇場
参加作品集です。台詞のみでいかに萌えもえられるかというチャレンジ。

あとは短編もあります⇒

拍手

↓朱華に一言なら以下の拍手でコメントください<(_ _)>
お礼SS変更しました。
ROシリーズ1本です。
Clap! Res→

一言連絡版

※返信がいらない場合はお知らせ下さい

名前:
メール:
件名:
本文:

感想/要望/朱華に一言で長文の場合はこちらをお使い下さい。

男と男の恋愛を扱ってます。 基本18禁で、甘かったり切なかったり。時に腹黒な恋愛事情をどうぞ
09≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11
■スポンサーサイト
--/--/-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
■ミスコンの罠 序章 4
2008/02/17 Sun


 低い男の声が狭い静かな室内に響くと、洋充の瞳が輝きだす。
 その光を琉維は見つめて、その無邪気な光が残酷な事象の幕開けに思え、絶望の涙を流していた。

「アラン!丁度良かった。入って?」

 洋充の言葉に「失礼します」と入ってきたのは、黒いスーツに身を包んだ、銀髪の男。
 見た目の年の頃は40代半ば。しかし、深く刻まれた皺は彼を年よりも老けさせていた。
 左目は美しい装飾が施された眼帯をし隠れていたが、裸眼を晒している右目は宝石のように美しい緑の瞳だった。

 琉維が初めて見るその男の瞳の色に相沢の目を思い出し、湧いて出た罪悪感に目を逸らす。

 洋充はパッと琉維から手を離し、アランに近づくと握手を交わした。

「丁度良かった、とは?」

 アランはどう見ても外国人だったが、その日本語は流暢で、それは彼の母国語が日本語だと言われても頷けるほどだ。
 そんなアランの問いかけに、にこやかに洋充は、

「あのね、『これ』を乱しておきたいから、とっておきの出してくれないかなぁ?触れなくても熱くなっちゃうのがいいんだけど、僕の手間が省けるし……」
「ああ、なら、こちらはいかがでしょう。静脈注射なら速効性ですし、一応臨床段階では常習性はありません。……もっとも、2,3年程しかデータはありませんが……」
「あはは。それ以降は違うクスリの実験に?」
「なにぶん人材不足なもので……」
「ま、2,3年正常だったらいいや。ね?琉維?」

 酷く甘く琉維の名を呼び、アランから手渡された注射器を持って、洋充は琉維の元に戻る。
 抵抗しても無駄な事は解っていたのに、今まで使っていた物よりも数段強そうなそのクスに琉維は恐怖し、つい声を上げて抵抗してしまった。

「あ、嫌…にい、さま、それ、何?」
「嫌?拒否するの?琉維?」

 そんな怯えた琉維に応えたのは、洋充ではなく、その後ろから付き従うように居たアランだった。

「貴方を天国へ連れて行ってくれる魔法のクスリです」

 その言葉に、洋充は吹き出して笑った。

「アラン、何その古くさい言い方。新しい薬屋さんは外国人の癖にそんな古くさい言葉を使うんだ……」
「そうでしょうか?」
「うん、古い。ま、いいけど……琉維?暴れないでね。今日は好色親父だけじゃなくて、その息子もいるんだから、精々可愛がって貰って。……間違っても怒らせないでよ?」

 そのまま洋充は琉維の来ていたシャツを脱がすと、鎖骨に近い静脈に注射をした。
 もう、抵抗も出来なくて、琉維はチクリと痛むそれに眉を潜めて耐えるしかない。

 注射を終えた洋充が優しく琉維の腕を取り立たせると、力の入らない琉維の足はもつれ、其れを見た洋充が舌打ちをして琉維をベッドへと押した。

 フラフラと倒れ込む琉維だったが、幸い部屋が小さく丁度ベッドに半身が乗り、そのままベッドに沈み込む事が出来た。

 すると、倒れた琉維に洋充が、未だ持っていた白鷺新聞の紙を付きだし、

「ね、琉維。滝川の息子が今回お前を楽しめたら、票を集めてくれるらしいよ?父様が事前に頼んでらしたんだって。よかったね?……だからさ、一位の雪村に取り入って、お前は二位になるんだよ?ここに載ってる藤平とか相沢?とかって奴は、知らないから排除。ね?それ以外認められない。違えたら……解ってる?アランにお前下げちゃうよ?」

 無理な事を言う。

 琉維は朦朧とした頭で、心の中でだけそう悪態を付いた。

 慕っている藤平はもちろん、相沢の傷を見てしまった琉維が二人に何か出来る筈もない。

 だけど、しなければならないだろう。
 このアランという男がどういった男かは知らないが、ろくでもない人間であるのだけは解る。
 そんな男に、渡されれば、廃人確実だろう。

 琉維はそう確信していた。もう後は残されていない。
 それでも琉維は藤平にも相沢にも何も出来ない事を確信し、諦めのため息に似た吐息を吐いた。

「……洋充様、その手にある紙を、見せては下さいませんか?」

 黙って事の成り行きを面白そうに見ていたアランが、紙をチラリと見た途端表情を変えて突然口を挟んだ。
 洋充は不快に思いながらも、アランを見ると、いつものポーカーフェイスが崩れ驚愕に歪んだ顔をしていた。

 普段なら絶対にしないアランの表情を見て、面白くなった洋充は、紙をアランの目前に突き出す。

「何?好みの子でもいた?」
「……Orchis …….。It finally found it。It doesn't this time let it go. Because it kills … Wait. 」

 その紙を受け取りある部分を見つめていたアランは、知らず口元を歪め嗤っていた。

 それを見た洋充は不思議そうな顔をする。
 あまり頭の良い方ではない洋充にアランの漏らした呟きは、早すぎて聞き取れなかったからだ。

「?……何?アラン?」
「いえ、綺麗な子も居るものだと思いまして」
「ふーん、じゃ、攫う?」
「日本の警察は優秀だと窺っておりますので、遠慮しますよ」

 そのまま話は別のものに変わり、洋充はもうアランの変化に興味は無い。
 目下の話は新しく手に入れた洋充の玩具へと移り、そして道具へと移っている。

 だから琉維が驚愕の表情を浮かべているのを、二人は気付かなかった。

 洋充には解らなかったアランの呟きを、催淫剤の効果が脳を支配し始めているが、琉維はその言葉を正確に聞き取っていた。
 その呟きと共に片方の瞳に宿った暗い憎悪と執着の闇を見たような気がして身震いする。

 アランは確かに相沢を見て言ったのだ。

 蘭……。
 やっと見つけた。
 今度は逃がさないよ。

 必ず殺してあげるから…待っていろ

 と。

 


 序章 終

 

<< >>

 

次から本編始まります。

↓お気に召しましたら
にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ
スポンサーサイト

テーマ:自作BL小説 - ジャンル:小説・文学

■■コメント

| Home |
(C)2007 腐妄想闇鍋, All Rights Reserved.
(C)2007 Gravity Corp. & Lee Myoungjin (studio DTDS), All Rights Reserved.
(C)2007 GungHo Online Entertainment, Inc. All Rights Reserved.
Template by 誤爆ねーさん雑記帳.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。