FC2ブログ

BL小説を探すなら

↓素敵BL小説サイト様の更新がわかります!私も参加中です<(_ _)>
にほんブログ村 トラコミュ BL妄想劇場へ
BL妄想劇場
↑ちょっと、萌えるなら、ここお勧めです!
にほんブログ村 トラコミュ オリジナルBL小説・・・ストーリー系へ
オリジナルBL小説・・・ストーリー系
にほんブログ村 トラコミュ BL小説(創作)へ
BL小説(創作)
にほんブログ村 トラコミュ 小説15禁・18禁(性描写あり)へ
小説15禁・18禁(性描写あり)

◆ 絵ブログ検索エンジン
◆ BL小説ブログランキング
◆ ブログ検索
◆ B-LOVERs★LINK
◆ ボーイズラブ

ブロとも申請フォーム

◆キリ番について◆

※只今キリ番停止中(^-^;

お知らせ

オリジナルBL小説ブログです。
必然的に、ボーイズラブ、男同士の性描写が含まれる場合がありますので、描写の大小に関わらず18歳以上限定とさせて頂いております。
現在は過去有り特殊設定美形受けが王道ちっくな学園の中で自分の過去と向き合っていく…そんな「RO」を連載中。

【纏めて読むなら↓】
LUST<オリジナル>はこちらへ

【現在一番更新が早いのは↓】
携帯版LUST<オリジナル>はこちらへ

朱華絵ブログはこちら⇒ ※たまに同じ記事があったりします。(^-^;

プロフィール

朱華

Author:朱華
ニックネーム:朱華
性別:腐女
誕生日:雨の多い日だった・・・
血液型:二重人格なAB
出身地:ど田舎
腐妄想<版権>:るろうに剣心、幕末機関説いろはにほへと ガンダムOO
腐妄想<好物CP>:鬼畜×鬼畜、へたれ×強気、 ともかく受けは淫乱で。 最近は不良受け、策略受けに興味津々。健気も好きです(笑

朱華版権サイトもやってます。そちらは小説よりも漫画メインです。
LUST版権館

内容のご案内


Red Orchid
?×最強・強気受 [R18]
帰国子女美人最強な樹哉が平凡な学生生活を望み転入。そこで、自身の過去と向き合う事に……。過去とケリをつける事ができるのか?
現在、樹哉闇中摸索中…
微王道|快楽主義者|猫かぶり|過去あり|バトルあり|

三輪×片山シリーズ
鬼畜目後輩×強気先輩 [R18]
学生|敬語攻め|策略|せつない|甘々|
強引な三輪に翻弄され続ける片山。色々あるけどでも幸せな毎日
纏めて読むなら⇒※このブログに置いてないものもあります。

稜正学園
多数×不良強気受け[R20]
輪姦|強姦|ドラッグ|暴力|血|シリアス
私立男子校に入学した光希の苦悩の日々。
かなり痛いエロです。比喩ではなく本気で痛いエッチあり。お嫌いな方は見ないでね。
※性描写はぬるいですが行為に反社会性がありますのでR20とさせてください。

上条シリーズ
色々×強気淫乱受け [R18]
道具|強姦|シリアス
愛人契約で囲われてる上条が幸せになれるまでの記録(笑)
※ただ今本編準備中。現在短編のみです。

腐妄想台詞集
にほんブログ村 トラコミュ BL妄想劇場へ
BL妄想劇場
参加作品集です。台詞のみでいかに萌えもえられるかというチャレンジ。

あとは短編もあります⇒

拍手

↓朱華に一言なら以下の拍手でコメントください<(_ _)>
お礼SS変更しました。
ROシリーズ1本です。
Clap! Res→

一言連絡版

※返信がいらない場合はお知らせ下さい

名前:
メール:
件名:
本文:

感想/要望/朱華に一言で長文の場合はこちらをお使い下さい。

男と男の恋愛を扱ってます。 基本18禁で、甘かったり切なかったり。時に腹黒な恋愛事情をどうぞ
09≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11
■スポンサーサイト
--/--/-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
■ミスコンの罠 序章 2
2008/02/15 Fri


「でも、あなた!これご覧になりまして?」

 そう言って静子が差し出したのは、一枚の紙。
 それを一瞥した男はさも興味がない様子で、その紙を静子の手から抜き取ると、部屋の隅のゴミ箱へと捨て去った。

「こんなものは今はどうでも良いじゃないか」
「どうでも良くありませんわ!なんの為に高いお金を払って彼処に通わせていると思ってますの?全てはお家の為。この高松家を今以上に繁栄させる為に……」
「そうだね。けれど、今はやめなさい。もうすぐ、滝川さんが来る。あまり顔を打って、気分を害されるのはよろしくないだろう?」

 そう言われた静子は、ハッと我に返ったように男を見る。
 男は落ち着かせるようににっこりと笑った。

「……そうですわね。私とした事が取り乱してしまいましたわ」
「いいよ。静子。『これ』にも仕置きは必要だからね」

 男の視線が「これ」と表現された少年に向けられた。
 その双眸は、どれほど殴られていたのかぐったりと横たわるその哀れな姿にも何の感情も表さず、男にすればこの部屋に在るベッドやゴミ箱と同じような存在だと暗に告げている。
 それに気が付いた静子が軽蔑の交じった瞳を少年に向け、小さな溜息を漏らした。

「『これ』はその容姿だけが取り柄。お家の為にそれ以外役立つ事などないと言いますのに。……それすらも満足に出来ないなんて……やはり、卑しい身分の女の子……これも、あなたが容姿だけであんな女にお手をお付つけになるから……」
「静子……。しょうがないだろう?あの時はどうしてもあの女が必要だったのだから」
「だからと言って、お種をお残しにならなくとも……」
「静子、解っておくれ。しょうがなかったのだよ」

 明らかに男に分が悪くなってきたのか、あれほど余裕を見せていた男が焦りを見せ始める。
 その時、本当に都合よく障子が音もなく開いた。

 それに気付いた男がホッとした顔をしたのを横目でチラリと盗み見た静子は、大いに不満そうな表情をして見せた。

「お父様、お母様。滝川さんがお見えになられましたよ?あちらの応接間でお待ちです。痴話喧嘩なら後でなさってください」

 開けた障子に寄りかかり、新たに出現した年若い青年がクスクスと笑う。
 その青年は、男によく似た容姿をしていたが目元は静子に似ていた。

 そして静子に似たその目は、今床に横たわる少年を見据えている。

「『これ』の後始末は僕がしましょう?……少し時間を引き延ばして下さい。そうですね……20分ほど」

 その言葉が聞こえた瞬間、少年の身体は小さくビクリと震える。
 その小さな反応を目敏く認めた青年が妖しい笑みを浮かべた。

「ああ、解った。それじゃあ、ここは洋充に任せよう。きちんと躾ておきなさい。……じゃ、静子行こうか?」
「解りましたわ。じゃ、洋充ちゃん、お願いね」

 二人が洋充の前を通り、部屋から出て行く。その間一度も少年を見る事は無かった。

 洋充が開いていた障子を閉めると、そこは静寂が訪れていた。
 その中洋充はゴミ箱に捨ててある紙を目に止め、それを手に取ると違和感あるベッドへと腰掛けその紙の内容を読んだ。

「あ、なるほどね。これで、母様がキレてたんだ……予備選で4位ね。駄目だなぁ順位下がっちゃってるね、琉維?」
「……」

 問いかけられても琉維は、応えなかった。
 いや、応えられなかったと言って良い。

 琉維には解っていたからだ。言い訳をしてもそれを切っ掛けにもっと酷い扱いを受けると言う事を。

 それに、と琉維は考える。

 本来なら裏工作をしてでも、僕は相沢をけ落とさなければならなかったのに、出来なかったのは僕。
 だから、甘んじて罰は受ける。と。

 ランキング上位に入り、名前を売り、良家の子息が通うあの学園で、少しでも多くの家と懇意になる事を義務ずけられた琉維。
 その容姿をフルに使い、褥を介して懐に入る。

 だから毎年新入生が入るそのランキングにどうしても上位で居る必要があった。

 その為だけに、学園に……いや、この世に琉維は存在させられていたのだから。

 



<< >>

 

しばらく原柴琉維受難編をお送りします。
痛い表現続きますので、ご注意を。


↓お気に召しましたら
にほんブログ村 小説ブログ BL小説へ

 

スポンサーサイト

テーマ:自作BL小説 - ジャンル:小説・文学

■■コメント

| Home |
(C)2007 腐妄想闇鍋, All Rights Reserved.
(C)2007 Gravity Corp. & Lee Myoungjin (studio DTDS), All Rights Reserved.
(C)2007 GungHo Online Entertainment, Inc. All Rights Reserved.
Template by 誤爆ねーさん雑記帳.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。