FC2ブログ

BL小説を探すなら

↓素敵BL小説サイト様の更新がわかります!私も参加中です<(_ _)>
にほんブログ村 トラコミュ BL妄想劇場へ
BL妄想劇場
↑ちょっと、萌えるなら、ここお勧めです!
にほんブログ村 トラコミュ オリジナルBL小説・・・ストーリー系へ
オリジナルBL小説・・・ストーリー系
にほんブログ村 トラコミュ BL小説(創作)へ
BL小説(創作)
にほんブログ村 トラコミュ 小説15禁・18禁(性描写あり)へ
小説15禁・18禁(性描写あり)

◆ 絵ブログ検索エンジン
◆ BL小説ブログランキング
◆ ブログ検索
◆ B-LOVERs★LINK
◆ ボーイズラブ

ブロとも申請フォーム

◆キリ番について◆

※只今キリ番停止中(^-^;

お知らせ

オリジナルBL小説ブログです。
必然的に、ボーイズラブ、男同士の性描写が含まれる場合がありますので、描写の大小に関わらず18歳以上限定とさせて頂いております。
現在は過去有り特殊設定美形受けが王道ちっくな学園の中で自分の過去と向き合っていく…そんな「RO」を連載中。

【纏めて読むなら↓】
LUST<オリジナル>はこちらへ

【現在一番更新が早いのは↓】
携帯版LUST<オリジナル>はこちらへ

朱華絵ブログはこちら⇒ ※たまに同じ記事があったりします。(^-^;

プロフィール

朱華

Author:朱華
ニックネーム:朱華
性別:腐女
誕生日:雨の多い日だった・・・
血液型:二重人格なAB
出身地:ど田舎
腐妄想<版権>:るろうに剣心、幕末機関説いろはにほへと ガンダムOO
腐妄想<好物CP>:鬼畜×鬼畜、へたれ×強気、 ともかく受けは淫乱で。 最近は不良受け、策略受けに興味津々。健気も好きです(笑

朱華版権サイトもやってます。そちらは小説よりも漫画メインです。
LUST版権館

内容のご案内


Red Orchid
?×最強・強気受 [R18]
帰国子女美人最強な樹哉が平凡な学生生活を望み転入。そこで、自身の過去と向き合う事に……。過去とケリをつける事ができるのか?
現在、樹哉闇中摸索中…
微王道|快楽主義者|猫かぶり|過去あり|バトルあり|

三輪×片山シリーズ
鬼畜目後輩×強気先輩 [R18]
学生|敬語攻め|策略|せつない|甘々|
強引な三輪に翻弄され続ける片山。色々あるけどでも幸せな毎日
纏めて読むなら⇒※このブログに置いてないものもあります。

稜正学園
多数×不良強気受け[R20]
輪姦|強姦|ドラッグ|暴力|血|シリアス
私立男子校に入学した光希の苦悩の日々。
かなり痛いエロです。比喩ではなく本気で痛いエッチあり。お嫌いな方は見ないでね。
※性描写はぬるいですが行為に反社会性がありますのでR20とさせてください。

上条シリーズ
色々×強気淫乱受け [R18]
道具|強姦|シリアス
愛人契約で囲われてる上条が幸せになれるまでの記録(笑)
※ただ今本編準備中。現在短編のみです。

腐妄想台詞集
にほんブログ村 トラコミュ BL妄想劇場へ
BL妄想劇場
参加作品集です。台詞のみでいかに萌えもえられるかというチャレンジ。

あとは短編もあります⇒

拍手

↓朱華に一言なら以下の拍手でコメントください<(_ _)>
お礼SS変更しました。
ROシリーズ1本です。
Clap! Res→

一言連絡版

※返信がいらない場合はお知らせ下さい

名前:
メール:
件名:
本文:

感想/要望/朱華に一言で長文の場合はこちらをお使い下さい。

男と男の恋愛を扱ってます。 基本18禁で、甘かったり切なかったり。時に腹黒な恋愛事情をどうぞ
11≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫01
■スポンサーサイト
--/--/-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
■嵐 5
2008/02/07 Thu
 

 何故、あんな事を俺は了承してしまったのか……。
 目の前のカフェで仲良さげに話している、片山さんと益子の姿を見ながら、後悔していた。

 心は荒れ狂い、だが、この前益子とした約束から、それを見ているしか出来ない。
 乱入して、怒鳴り散らそうと身体を踏み出すのを、すんでの所で押さえつけた。

 それ以上見ていると、本当に乱入してしまいそうで、俺はくっと唇を噛みしめ、踵を返しすと足早にその場を立ち去った。

 

 益子とした約束──。
 それは、1ヶ月間益子が片山さんを口説くのを許す事。
 二人きりで会うのを黙認する事──。



 そもそも何故、こんな事になったのか……。なぜ、そんな約束を守っているのか…。



 俺は、あの日、益子に連絡し、会いに行った。
 
 指定されたファミレスに行くと、悠然とした様子で、奴は俺を待っていた。
 自分の表情が冷たく凍り付いていくのを感じながら、益子の前に座り、紅茶を頼む。

 笑顔を貼り付て、それを見守っていた益子は、一呼吸置いてから、口を開いた。

「で、何かな?」

 微笑みから繰り出される口調は、以前と同じ、おっとりしている。
 なのに、どこか冷たい質感をもっているそれ。

 相変わらす何を考えている変わらない、そんな益子に反吐がでそうだった。

「俺、貴方と話しをあまりしたくないんで、単刀直入に言いますね」

 何時も以上に感情の籠もらない調子で、そう告げると、益子は眉を潜めて顔を歪ませる。

 その様子を見て、俺は満足気に微笑んだ。

 そして、更に、

「片山さんにちょっかい掛けるのやめてもらえません?あの時も言いましたけど、片山さんは貴方にも、誰にも渡すつもりはありませんから」

 と宣言した。
 所謂、先制パンチ。と言うわけだ。

 それを受けて、益子はふっと息を漏らし、苦笑した。

「相変わらず、はっきりものを言う子だね、君は」
「どうも。あなたも、はっきり言ったらどうですか?小細工ばかりしていると、あの時のように、欲しいものを目前で取り上げられますよ?それに、もう、俺達の間に貴方の入る余地などありません」

 そう告げると、益子はさっと笑顔を消し、冷たい表情で、俺を睨み付けてきた。
 それに、俺は笑顔で答える。

 冷たい空気がお互いの間を流れた。
 それを破るようなタイミングで、ウェイトレスが紅茶を運んでくる。

 俺は喉の渇きを感じ、そのまま一口飲んだ。


 俺の言った、益子の欲しい物とは、もちろん片山さんで、あの時とは、益子に

 『片山さんは俺が頂きました。だから、貴方は諦めて下さいね』

 と宣言した時だ。

 それ以降も益子は片山さんをしつこく口説いていたが、あの時の片山さんは俺との事で精一杯なのかただの天然なのか、ともかく、益子の口説きなどまったくもって、気が付いていなかった。

 そして、そのまま卒業を迎え、それから今まで、益子は片山さんに接触してこなかった。

 なのに、なぜ今になって?
 そんな疑問が湧いてくる。

「嫌みなのも変わりないね。……三輪。私は言ったはずだよ?諦めるつもりはないって」

 目前にある、コーヒーをスプーンでかき回しながら、益子はにやりと笑顔を作る。

 その笑顔を見て、気持ち悪さを感じながら、俺は疑問に思った事を聞いた。

「貴方が卒業して、もう、一年になります。あれから、貴方は何もしなかった。なのに、今更何が出来ると言うんですか?」
「さあ?何が出来るだろうね?」
「俺が聞いているんですけど?」

 にやにやしながら、言葉遊びのような言葉を紡ぐ益子。
 そんなやりとりに、段々不愉快さが増してくる。 

「貴方が諦めようが諦めまいがどうでも良いですけど、目障りなんですよね、俺達の前でチョロチョロされると」

 苛ついて、自分の言葉がいつもよりきつめになっている事を理解しているが、それを直す事ができなかった。

 そんな俺に益子は追い打ちを掛けるように、

「何時もそんな風に晴貴の周りを牽制しているのか?三輪。そんなに不安か?そんなに晴貴を信じられないのか?」

 その言葉に俺は動揺してしまった。


続く…


===

早く「嵐」の掲載を終わらせて、次は片山目線の「凪」を。

その後RO連載開始します。

来週中には携帯サイトに追いつく予定です。
それまで駆け足更新ご容赦ください<(_ _)>
スポンサーサイト

テーマ:自作BL小説 - ジャンル:小説・文学

| Home |
(C)2007 腐妄想闇鍋, All Rights Reserved.
(C)2007 Gravity Corp. & Lee Myoungjin (studio DTDS), All Rights Reserved.
(C)2007 GungHo Online Entertainment, Inc. All Rights Reserved.
Template by 誤爆ねーさん雑記帳.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。